b.ris(ビーリス)炭酸シャンプーの悪い口コミを徹底調査しました!

おすすめのヘアカラートリートメントランキング20選【市販の白髪染めなどを徹底比較】

市販の白髪染めトリートメントたくさん

ヘアカラートリートメントは、時間をかけずに綺麗に髪の色を変えることができる手軽さを備えています。

白髪用ヘアカラートリートメントは、白髪を隠すために白髪用としてブラックやブラウンを中心としたカラー展開をメインにしたヘアカラートリートメントのことを言います。

この記事では、おすすめの白髪用ヘアカラートリートメント15選をランキングにて紹介します。

各ブランド・商品が持つ特徴も交えて比較していきますので、購入を検討されている方は、是非参考にしてください。

<人気のカラートリートメント>

利尻 ルプルプ レフィーネ リライズ
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ LPLP定期便 ヘアカラートリートメントランキング4位 花王リライズ
通常価格 ¥3,300 ¥3,000 ¥3,667 ¥2,970
特別価格 ¥2,200 ¥1,980 ¥2,167 ¥2,970
送料 550円 550円 無料 無料
Home » カラートリートメント » おすすめのヘアカラートリートメントランキング20選【市販の白髪染めなどを徹底比較】
a

  好きなとこだけ読んでね

ヘアカラートリートメントって?

ヘアカラートリートメンとは

ヘアカラートリートメントとは、通常のトリートメントに染料を加えた商品のことです。髪のダメージを労ってケアを施すトリートメントをしながら、色をつけることができる点がポイントです。

あくまで「トリートメント」がメインで、カラー剤の要素は多く含まれていません。シンプルな手順を踏めばイメージチェンジできるため、手軽で使いやすいと定評があります。

一般的な白髪染めとヘアカラートリートメントの違いは?

一般的な白髪染めとヘアカラートリートメントの違いは、至ってシンプルです。

一般的な白髪染めは、髪の内部まで染料を浸透させて色をつけるカラー剤のことです。

基本的にカラー剤は、髪表面を守るキューティクルを開けるための成分を多く含んだ1剤・酸素に反応することで色素を生じさせる成分を配合した2剤によって成り立っています。

閉じているキューティクルは、1剤を使用することで開く仕組みになっています。そして開いたキューティクルに、酸素が触れることで2剤に配合された成分が反応するのです。

色素が発生し、髪内部に浸透していくことで髪が染まるようになっています。色落ちせずに1度染めると、比較的髪色をキープできる点はメリットです。

また白髪染めは、あくまで白髪を染めるためにつくられています。通常のカラー剤より、染毛力は高いといわれている点もポイントです。

しかし、傷みが気になるというデメリットもあります。

髪・地肌へのダメージをダイレクトに受けてしまいやすいため、髪が細い方や肌が敏感な方にとっては悩ましいところです。そのため、そのようなストレスを軽減したい方は「ヘアカラートリートメント」がおすすめです。

ヘアカラートリートメントは、髪をケアする成分が含まれているため、ダメージを気にする心配が軽減できます。

あくまでも髪表面しか染めることができませんが、既にカラーリングした髪の褪色を防ぐことを主に目的としていることもあり、髪色をキープする目的で使用されます。

シャンプー後にトリートメントをすると同時に少しずつ色が染まっていく工程を体感できるため、手軽で効率的に使用できる点がとても魅力的です。

<人気のカラートリートメント>

利尻 ルプルプ レフィーネ リライズ
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ LPLP定期便 ヘアカラートリートメントランキング4位 花王リライズ
通常価格 ¥3,300 ¥3,000 ¥3,667 ¥2,970
特別価格 ¥2,200 ¥1,980 ¥2,167 ¥2,970
送料 550円 550円 無料 無料

ヘアカラートリートメントのメリット

メリット

ヘアカラートリートメントには、多くのメリットがあります。ポイントを絞って、それぞれご紹介していきます。

髪全体に使用する方に向いている

「白髪が気になり始め、色をつけてカバーしたい」というお悩みを抱えている方は、たくさんいるでしょう。

白髪はどのくらいの割合で生えているかによって、対処の仕方が異なります。白髪があまり生えておらず、目立たない場合は部分染めでもOKです。

しかし、白髪が生えている割合が多く感じる時は、1度髪全体に色をつける必要があります。白髪とそうでない髪が多く入り混じってしまう状態であれば、部分染めをしてしまうと色素の定着に差が生じてしまいます。

そのため、まずは髪色を統一して、カラーリング後の色ムラを軽減させると仕上がりが綺麗です。

その際に、髪全体に対して白髪染めを使用すると負担が掛かってしまう可能性が高いです。化学薬剤も多く含まれていることもあって、その分ダメージが気になるという声も口コミも見受けられます。

しかし、ヘアカラートリートメントはケアを重視しています。髪全体に色をつけようとした時でも、白髪染めのような大きなダメージを気にしなくてもOKです。

さらに、ヘアカラートリートメントは伸びがよいクリーム状になっています。そのため、色ムラも生じにくく仕上がりも美しいです。

このような点から、ヘアカラートリートメントは髪全体に使用する方におすすめといわれています。

使い方次第では色持ちを持続させられる

ヘアカラートリートメントは、色持ちを持続させられます。髪をカラーリングした直後は、どうしても色落ちが生じやすくなってしまいます。

しかし、染めて1~3日後、定期的にヘアカラートリートメントを使用するだけで色落ちを軽減することができます。

髪表面に色素を浸透させていくことで、理想的な髪色をキープできる点は嬉しいですね。

染める時間が短い

シャンプーと同時に髪を染めることができるので、あまり時間をかける必要がありません。

カラートリートメントを販売している企業によって提示している時間に差はあるものの、5~10分程度を目安としている場合が多いです。

家事・仕事の合間にさっとイメージチェンジを試みたい場合は、とても便利に感じることでしょう。

髪をケアしながら染めることができる

ヘアカラートリートメントは、髪に優しい成分・エキスを含んでおり、染めることに重点を置くだけではなくケアをするという面を大切にしています。

「白髪をなんとかしたい」という悩みについて考える際に “髪を染める=ダメージ・痛みが気になる”というイメージを抱く方も一定数いらっしゃいます。

なるべく髪や地肌に負担をかけることなく、色をつけたいという考えに至る方は多いです。そんな時、ヘアカラートリートメントはそのニーズを満たします。

もちろんヘアカラートリートメントは白髪染めほど一気に色を変えることはできませんので、ゆっくり時間をかけて染めていく過程が必要です。

しかし、髪をケアしながら染めることができるということは“自分の髪・地肌環境を整える”ことを叶えつつ、気になる白髪をカバーできるということです。

自分の髪をなるべく守り、綺麗な状態を保ちたいという方にはヘアカラートリートメントがおすすめです。

ヘアカラートリートメントの選び方

選び方

現在、ヘアカラートリートメントは多くのメーカーから販売されています。豊富な種類のなかから、自分に合うものを選びたいですよね。

いくつかの留意点があるので、順を追って説明していきます。

染料の種類で選ぶ

ヘアカラートリートメントによって、含まれている染料の種類が異なります。

クチナシなどの植物由来成分をメインに配合した商品も多いですが、髪に優しいものの色が定着しにくい点に物足りなさを感じる方もいらっしゃいます。

そのため、なるべく少ない回数で白髪を染めたいと思っている方は「塩基性染料」と「HC染料」を含んだヘアカラートリートメントを使用しましょう。

いずれの染料も、色を浸透させる性質に長けているためです。

塩基性染料は含んでいる分子が大きく、髪表面に色をつける役割を持っています。

一方で、HC染料に含まれている分子は小さめです。そのため、髪内部に少しずつ浸透させることができる点がポイントです。この2つの種類を組み合わせることで、より綺麗な発色が実現します。

ちなみに塩基性染料は「塩基性茶16」、HC染料は「HC黄4」などの記載があります。

商品裏にある成分表にて確認できます。基本的に安全性が高いと評価されている染料ですが、アレルギー・かぶれ等が不安な方はパッチテストを行ったうえで使用すると良いでしょう。

ブラウンやダークなど好みのカラーを選ぶ

白髪を実際に染めると明るく見えるため、ブラウンやダークなど暗めの色もいいでしょう。また、地毛の髪色に近い色を選ぶと色のコントラストが少なくてなじみやすく自然に見えます。

ヘアカラートリートメントを使用して白髪を染める際は、地毛の色に合わせることが基本とされています。

キューティクルを開かず、表面のみに色をつけるヘアカラートリートメントは内部まで色素を浸透させることができないため、地毛より明るい色に染めることは実は難しいのです。

現在、数多くのカラーバリエーションが展開されています。お好みのカラーを選び、是非トライしてみてください。

トリートメント効果のある配合成分のものを選ぶ

トリートメント効果のある配合成分のものを選びましょう。

ローヤルゼリーなどの髪にハリ・コシを与えてくれるもの、ミツロウ・パーシック油といった髪のキューティクルを保護する成分のものが配合されている商品はおすすめです。

それ以外にもカキタンニン・センブリエキスをはじめとする、育毛成分がプラスされているものも販売されています。成分を見極めて使用すると良いでしょう。

コスパで選ぶ

ヘアカラートリートメントは、白髪染めと比較するとあまり長く色持ちさせることはできません。

定期的に使用して色素を浸透させていく必要があるため、ある程度使用頻度は高いという点は注意してください。

なおかつ、色をキープさせるためにはある程度の長期間にわたる使用は必須条件です。このことから、金額的にはなるべくリーズナブルな商品を選んだ方が家計の負担を圧迫せずに済みます。ヘアカラートリートメントは、コスパで選ぶといいでしょう。

ヘアマニキュアも効果的

ヘアマニキュアも効果的です。ヘアマニキュアも髪表面に色をつける商品なので、使い方自体はヘアカラートリートメントと同様になります。

ヘアマニキュアに含まれている主な成分は「酸性染料」というものなのですが、この酸性染料が持つ電荷は(-)になります。

ヘアカラートリートメントによく使用されている「塩基性染料」に関しては、持つ電荷が(+)です。

真逆の電荷を持つ成分を含んだ商品を併用してしまうと、両方の色味が髪から抜けてしまいます。つまり、ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントを同時に使うことは避けてくださいね。

ただし、ヘアマニキュアが持つ染毛力・発色力は優秀で、オレンジ・レッド系といった暖色系であれば特に綺麗に染まる傾向があります。

はっきりとした色味に染めてみたい方、なるべくスピーディーに仕上げたい方は「ヘアマニキュア」を検討してみてもいいでしょう。

<人気のカラートリートメント>

利尻 ルプルプ レフィーネ リライズ
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ LPLP定期便 ヘアカラートリートメントランキング4位 花王リライズ
通常価格 ¥3,300 ¥3,000 ¥3,667 ¥2,970
特別価格 ¥2,200 ¥1,980 ¥2,167 ¥2,970
送料 550円 550円 無料 無料

ヘアカラートリートメントで白髪用とおしゃれ染め用とで比較

この記事ではおすすめのヘアカラートリートメント2種類の毛束で染めた結果を写真で紹介ししています。

使っている毛束
毛束 白髪染め用とブリーチヘア

ハイブリーチの毛束50%白髪の毛束と両方で染めた後の色味を紹介しているので参考にしてください。

ヘアカラートリートメントは、白髪用以外にもほかの使い方がある

カラートリートメントは主に2種類の使い方があり、白髪染め用おしゃれ染め用(美容院で染めた色補修にも)があります。

白髪用には、黒や茶系のカラー展開が多く、おしゃれ染め用のカラートリートメントは、他に青やレッド、ピンク、紫・・・といったカラフルな色のラインナップになります。

髪の表面しか色はつかない

白髪用のカラートリートメントもおしゃれ染め用カラートリートメントのどちらも使われている染料や色素はよく似ていて、髪の表面しか染まらないので、一時的に髪を染めることしかできません。

製品によって染まりやすいタイプや天然の成分にこだわっている製品などもあり、どちらにしても、自分の髪色に合った色を選ぶのが一番大きなポイントです。

    ヘアカラートリートメントの2種類の使い方

  • 白髪染め用:黒や茶系の色展開が多い
  • おしゃれ染め用:カラフルな色展開で活用。赤・ピンク・ブルー・グレーなど

自分の髪質や好みに合わせて髪の色遊びや白髪ケアに活用してください。

おすすめのヘアカラートリートメントランキング20選

ヘアカラートリートメントランキング
おすすめのヘアカラートリートメント20選をランキングにて紹介します。

各ブランド・商品が持つ特徴も交えて比較していきますので、ヘアカラートリートメントの購入を検討されている方は、是非参考にしてください。「使いやすさ」「染まりやすさ」「安心成分」でバランスが優れているかが重要です。

1位:ルプルプヘアカラートリートメント モカブラウン

栄えあるランキング第1位に輝いたのは、Jコンテンツ「ルプルプヘアーカラートリートメント モカブラウン」です。価格は3,300円(税込)となっています。

ルプルプ白髪染め中

成分に関しては、メドオウフォーム油をはじめとする5種の物オイルに、グリセリン・尿素など合わせて6種の保湿成分を配合。また、企業独自で開発した「ルプルプWフコイダン」もプラスで加えています。

このフコイダンとは、北海道・函館でとれる貴重なガゴメ昆布より抽出される成分のことです。美容界でも近年注目されていて、治癒能力・保水力に優れているのが特徴といわれています。

染料は藍・クチナシ・ベニバナ3種を配合した植物由来の天然成分のみ使用。モカブラウン以外のカラーも展開されていて、全5種の色味から選べます。

クリームタイプで作られていて、内容量は200g。3回分・約1ヶ月使用可能な量です。

また、ルプルプヘアーカラートリートメントは、美容成分が94%も配合されています。

爽やかな精油の香りが心地よく、癒しを与えてくれる点も人気の理由のひとつです。

パラベン・人工香料・鉱物油などの髪・地肌への刺激になりうる成分に関しては、無添加となっていて、ナチュラルに白髪を染めて綺麗な発色を実現できる商品です。

ルプルプ
初回限定2178円(税込・送料別)1本200グラム。
モデルさんや女優さんも愛用中の人が多い。使いやすくてみんな定期的に使っている人多いんですよね。
初回限定特別価格1本3300円→2178円初回定期購入は更にお得★全額返金制度有
(税込・送料550円)

ルプルプは、一般的なカラートリートメントのなかで特にコスパがよく、一度で染まりやすく使いやすさも合格のヘアカラートリートメントです。

2カ月に1回2本ずつ送られてくる定期便を初回から選ぶと、1本1620円です。回数縛りもないので、休止も解約も自由にできるので、安心して購入できます。また、ルプルプは女優さんや有名人の中でも使っている人が多いのも定評です。

乾いた髪に染料を塗って20分おいてから入浴して染めるのがよい

フォルムが逆三角形で絞りやすいので飛び散りにくく手に馴染む使いやすさで、染まりやすさも定評があり。

ルプルプは、全5色あり、人気はモカブラウンとダークブラウンで、私はモカブラウンとベージュブラウンがお気に入りでリピートしています。

人毛の毛束(白髪50%)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ルプルプのモカブラウンで染めた後の白髪染め効果

ルプルプ公式HPで一番人気色のモカブラウンの色味を白髪50%の毛束で染めた色味です。

人毛の毛束(ハイブリーチ)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ルプルプモカブラウン ハイブリーチ

ルプルプのモカブラウンで染めるとアッシュ系のブラウンに染まってキレイですね!1回でしっかり染まるのが特徴です。

美容院の白髪染めにつなぎで使っていればかなり節約できます。ノンジアミンやパラベンフリーなので、ほとんどの人が安心して使えるし、ほんのり香るオーガニックな花の香りも人気です。

初回購入から2本定期便で契約するとなんと1本1,782円(税込)+送料無料

管理人

2位:利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

ランキング第2位はピュール「利尻昆布ヘアカラートリートメント白髪染め ダークブラウン」です。価格は3,300円(税込)です。利尻昆布ヘアカラーなど28種のうるおい成分を配合していて、なおかつHC染料を使用しているので、髪・地肌に対する栄養を補いながらも髪色を変えられます。

利尻昆布ヘアカラートリートメント白髪染めは、シコン・クチナシなどの天然由来の植物色素を配合、トリートメント後の髪はとてもうるおっていて指通りがよくなります。

その洗いあがりの良さからリピートする方も多く、利尻昆布に含まれるミネラルは健康的な髪・地肌を作りをサポート!ケアも発色もよく、手軽に使うことができると口コミでも人気です。

特に、天然成分にこだわりたい方におすすめのカラートリートメント。

利尻トリートメント
初回限定2200円(税込・送料別)1本200グラム
完全天然成分にこだわりアレルギーやアトピー肌の人でも安心!
成分がナノ化!染まりやすく、染め持ちもよい無添加無香料で頭皮の健康第一におすすめ。
初回限定特別価格1本1000円引き→2200円(税別・送料550円)髪の長さがミディアムで1回の使用量が220円
元祖白髪染めトリートメントで老舗商品でアレルギー肌ぎみの人は利尻カラートリートメントから使うのがおすすめ。

染まりやすくて染め持ちもいいのでリピート向きのヘアカラートリートメント!

乾いた髪に染料を塗って20分染め置き後に入浴して洗い流す使いで!

人毛の毛束(白髪50%)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

利尻のダークブラウンとナチュラルブラウン

公式サイトでも人気の2色のダークブラウンとナチュラルブラウンです!

人毛の毛束(ハイブリーチ)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

利尻ヘアカラートリートメント ブリーチヘアー
ハイブリーチヘアーでも綺麗なブラウンカラーになって艶髪ですね!

染め持ちがいいので、私は利尻で白髪染めしたら、2週間くらいもつときもあるので助かります。生え際に塗っても安心な成分・リタッチにも最適。

染め落ちていく色の変化も楽しめるところがおすすめ。利尻ヘアカラートリートメントは、最近管理人が一番リピしているカラートリートメントで、アッシュ系ブラウンになるのがお気に入りポイントです。

利尻で白髪染め後

2週間に1回染めるだけで済むのでとっても助かっています。

中途半端に白髪がチラチラと見えてきたら、私は利尻カラーシャンプーを使って風呂場で洗いながら染められます。利尻カラーシャンプーには同じ色があるので、併用使いするとかなり便利でいいですよ。
↓ ↓ ↓ ↓
利尻カラーシャンプー

2本以上のまとめ買いで送料無料です・7日間の返金保証あり!

管理人

白髪を染めたビフォーアフター記事

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ体験談

3位:レフィーネヘッドスパのおすすめポイント

ヘアカラートリートメントランキング4位
初回限定2375円⇒1944円(税込・送料別)/140g
3111円2111円(税込・送料無料)/300g

ヘッドスパしながら白髪染めができます!頭皮の血行促進に◎

初回限定特別価格1本2375円⇒1944円(税込・送料600円/容量140g)定期購入1本300グラム3111円2111円(税込・送料無料)全5色混ぜてOK
ドイツのスヴェンソンという毛髪のスペシャリストである会社の研究者がアレルギーで白髪染めができない人のために開発したのが発祥の元です。

こちらも乾いた髪に染料を塗って、できれば温めて20分おいてから入浴しシャンプーするのが色は入りやすい使い方です。

小さな赤ちゃんが手にしたり、ペットが舐めても心配がないくらい安心な成分で妊婦さんの白髪染めにも大丈夫で、病院に長く滞在する患者さんの白髪染めにも使われるくらい安心成分なんです。

人毛の毛束(白髪50%)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

レフィーネのローズブラウンで白髪染めしたレフィーネのローズブラウン単色でいい色に染まりましたね。

人毛の毛束(ハイブリーチ)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

レフィーネローズブラウン
おしゃれなアッシュブラウンぽい色になりいい感じですよね!

薄毛や抜け毛が心配な人はレフィーネで白髪染めしながら育毛効果も狙えますよ。レフィーネは、5色の色を混ぜて好きな色にアレンジできるので、自分好みの色を作ってもいいでしょう。現在リニュアールキャンペーンでかなり安くなっています!

管理人

白髪を染めたビフォーアフター記事

レフィーネヘッドスパの口コミ

レフィーネヘッドスパはの頭皮マッサージ方法

レフィーネヘッドスパ

はじめに染料をつけてから染め置きして、お風呂に入ったら、さらに少量の染料を足して髪や頭皮にもみこむようにマッサージしてからシャンプーすると頭皮ケアができて一石二鳥です。

4位:マイナチュレカラートリートメントのおすすめポイント

ヘアカラートリートメントランキング3位
初回限定2本9460円⇒3380円(税別・送料550円)1本200グラム
マイナチュレカラートリートメントは2018年春に発売当初から大人気!4つの効果のオールインワンヘアカラートリートメント
初回限定特別価格1本2本9460円⇒3380円(税別・送料550円/1本5-6回分)
髪の長さがセミロングで1回の使用量が35gで約500円くらい
オールインワンカラートリートメントとして業界初の白髪染め

楽天リサーチでも頭皮に安心の商品部門で第一位獲得

白髪ケア+ヘアケア+スカルプケア+エイジングが1本ででき、ほかに育毛剤やヘアケア剤を使わなくてもOK。サラサラヘアーが実現できる美髪効果がメリット!

乾いた髪に染料を塗って20分おいてから入浴して染めればOK。

ブラウンとダークブラウンの2色のみ。

初回は特別価格3380円(2本セット)とお得!1回でしっかり染まりやすく染め持ちもよく人気が高い。30日間の全額返金保証あり、頭皮が弱くて合うかどうか心配な人にもうれしい保証です。

人毛の毛束(白髪50%)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイナチュレカラートリートメントで白髪染め

人毛の毛束(ハイブリーチ)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイナチュレ ハイブリーチで染めた効果

きれいに色が入っていてアッシュ系の色みになり、髪に潤いや艶を与えていて、触ってもサラサラになりました。

管理人

白髪を染めたビフォーアフター記事

マイナチュレカラートリートメントの口コミ

5位:アンナドンナエブリカラートリートメントのおすすめ

ヘアカラートリートメントランキング5位
値段:1000-1500円程度(楽天やアマゾン、公式HP)1本200グラム
全10色以上!豊富なカラー展開があり混ぜて好みの色を作ってもよい。新色もよく出るので気にる人は公式HPをチェック。
ネットでの価格1本:1200円程度(アマゾンや楽天・市販の薬局やドンキにもあり)
ブラック、ピンク、レッド、ブルー、ブラウン、グレー、ブルー、グリーン、オレンジほか
使い方は、シャンプー後タオルで髪の水気をふきとってから染料をなじませて5分後に洗い流すと書いている。

グレーやブルー、紫やピンクも人気高い

エブリの本体に5分の染め置きと書いてありますが、乾いた髪に染料を塗って20分おいてから入浴して染めるほうが髪に色がなじみやすくなるので染まりにくいと思ったら、乾いた髪で試すのがおすすめ。

人毛の毛束(ハイブリーチ)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人毛の毛束(白髪50%)で染めた仕上がり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


白髪と黒髪が50%ずつの毛束で試したら、ほとんど色の変化がわかりませんでした。

管理人

白髪を染めたビフォーアフター記事

アンナドンナで白髪染まらなかった

アンナドンナはカラー展開がたくさんあるけど、白髪には向いていませんね。ハイブリーチの髪用やおしゃれ染めにいいですね。

6位:花王リライズヘアカラートリートメントのおすすめポイント

ヘアカラートリートメントランキング6位
標準価格2914円(税込・送料無料)1本200グラム
ムースタイプなので、髪がミディアムの長さでも2-3回使用できます。100%天然成分の白髪染めなので、アレルギー肌で白髪が染められない、という人にとても良いです。
標準価格2914円(税込・送料無料)
※リライズの色は、リ・ブラックまたはグレーアレンジのみ。
※ふんわりとまとまりタイプがあり、ふんわりが人気。
リライズは、おしゃれ染め用のカラフルな色がないため、完全な黒色かグレーアレンジといって、全白髪の人が利用するタイプの2種類のカラーのみ。
ブリーチ後肌荒れにより頭皮に湿疹が出た人でも炎症が治まっている状態なら使えると思います。
ただ、とても早く染まるので、入浴後、シャンプーしてからタオルドライ後、染料を塗って5分の放置でもしっかり染まるという話題のヘアカラートリートメントです。

7位:フラガールカラートリートメントのおすすめポイント

5色カラーで1本3200円1本170グラム
手を汚さず塗れるとんがりチューブでハワイアンボタニカル配合で美髪効果あり。フラガールカラートリートメントは2種類のカラートリートメントあり。
1本3200円/楽天・amazonネットで手軽に買えます。
髪の長さがセミロングで5-6回使えるので割と経済的です。
2種類のカラートリートメントでは、リッチ白髪ケアカラートリートメントのほうが新しく発売されたほうで人気が高めで、美髪効果がプラスされて、カラー展開が5色です。
普通のフラガールカラートリートメントは4カラーの展開で値段は2160円です。
ネットで簡単に購入できて、白髪ケアしながらおしゃれにも染まるので話題になっています。

8位:エンシェールズカラートリートメントのおすすめポイント

エンシェールズアッシュミルクティー
25色カラーで1本2667円(税別)1個200グラム
かっこいいグレイヘアや見栄えのよい白髪ヘアーにしたい人に大人気。アッシュミルクティーは黄ばんだ色がでてきたハイブリーチの色を鮮やかにするのに必須アイテムです。
アマゾンや楽天や公式HPからも買えます。
25色もあるけど白髪用ななしなのでおしゃれ染め用のみ。
公式HPでは、発色見本が髪色別にでています

9位:エルコスキュプアスカラーバターのおすすめポイント

キュプアスカラーバター ダークグレイ
20色のカラー展開で白髪用に4色あり1本2160円1個200グラム
白髪にも白髪じゃないハイブリーチヘアもどちらも使えるカラーバター。キュプアスクリアクリームとプラスワンクリームを追加して購入しておけば、色を薄めたり濃くしてアレンジができる。
アマゾンや楽天や公式HPからも買えます。
20色もあるけどカラーが豊富なので、白髪染めのついでに白髪じゃないラズベリーやダークグレイを選んで遊び心をくすぐる染め方ができます
主な成分はHC染料 + 塩基性染料 + クチナシ + トリートメント

10位:クイスクイスのおすすめポイント

ヘアカラートリートメントランキング7位
値段は1袋240円出やすいけど量が少ないので、ショートヘアでも全体染めなら足りないかも。
2袋買っておいたほうがおすすめなので、1回分400円くらい
1袋25g 240円(税別)6色カラー(ピンク、グリーン、レッド、ブルー、パープル、クールブラック)
髪の多めの人はショートヘアでも1袋では足りない
1袋が少ないので、髪の毛の少ない人でなかったら2袋ないとアンバランスに染まっちゃいます。1袋使い切りタイプなので、余ってもあとで使う、っていう感じにできないところが残念。

しかも2袋単位で使うとしたら、500円近いのでコスパはあまり良いとは思えない。美容院で毛染めするよりはよっぽど安いので、イベント用に1日だけ染めたい、というのに使うのはいいかも。ハロウィンとかパーティとかコスプレ用に髪を真っ赤に染めたいという人はおすすめです。

普通の白髪まじりの髪でも使えるのか?チャレンジしてみたけど、やはりブリーチしたヘアのほうがしっかり染まりました。割としっかり色が入るので、学校やお仕事がお休みのときに使うのがおすすめです。

クイスクイスの量が少ない1袋が少ないので、髪の毛の少ない人でなかったら2袋ないとアンバランスに染まっちゃいます。1袋使い切りタイプなので、余ってもあとで使う、っていう感じにできないところが残念。

しかも2袋単位で使うとしたら、500円近いのでコスパはあまり良いとは思えない。美容院で毛染めするよりはよっぽど安いので、イベント用に1日だけ染めたい、というのに使うのはいいかも。ハロウィンとかパーティとかコスプレ用に髪を真っ赤に染めたいという人によい。

ピンクのカラートリートメントで染めた白髪がところどころにあるけどクイスクイスのピンクで染めてみました。

1袋じゃ全然足らないので、後ろ髪がピンクになっていません(涙)前髪と横のところがピンク色に染まって割といい色味かもしれないですが。

私がクイスクイスを使ったとき、染料をぬりぬりしているときに頭皮がちょっと沁みる感じですーすーしてきたので、刺激が若干ありそう。。。敏感な人は注意してくださいね。

管理人

実際に染めたビフォーアフターの画像はいかがですか?イチゴ色の髪が素敵!

11位:DHCQ10クイックカラートリートメントおすすめポイント

1本2670円(税別・送料別)
初回は10-15分ほど染め置きをしてから流し、色が入ったら、その後は毎回5分の染め置きでOK
DHCのクイックカラートリートメントを使うときは、リンスやトリートメントも基本的には不要ですが、気になる人は使ってもOKなので、2-3回に1度の使用でも十分。
コエンザイムQ10やコラーゲン、ヒアルロン酸等で美髪効果大
ダークブラウンとライトブラウンにブラックの3つの色展開
ノンシリコン処方、パラベンフリー、天然成分配合のカラートリートメント。天然アロマ100%使用で使っていても良い香りに癒されます。

12位:バイタリズム(VITALISM)カラートリートメントkulo

kuloカラートリートメント
2165円(アマゾン)1本200グラム
バイタリズム(VITALISM) は男性用スカルプケアなどがある製品で育毛シャンプーなどで有名なメーカー
口コミで乾いた髪で染まりやすいし使いやすいとたくさんの書き込みあり。
染まりやすさはあるけど染めもちは早めの印象・2日で色がなくなった。

13位:ビゲンヘアカラートリートメント

ビゲンカラートリートメント
1200円前後1本200グラム
身近な薬局などで売っている手軽さ・1000円未満で買える値段の安さ。

シャンプー後に塗って5分染め置きという簡単染めで人気高めだけど、ビゲンのヘアカラーで白髪染めしている人が退色したときの補助として使うのにすすめられているせいか、なかなか染まりにくいと口コミ多数あり。

単品で白髪染めするにはあまり期待できないので補色として使うのがよさそう。

アマゾン774円/楽天633円送料別/マツキヨ788円

14位:マキアレイベル ナチュラルヘアカラー

2,400円 送料無料1本180グラム。白髪染めだけでなくブリーチヘア、アッシュカラーの色味調整にも人気!

グレー、パープル、ブルーなどを使用することで赤み・黄ばみを抑えられ、白髪染めとして使う時はブラウンだと染まりが弱めなので、ブラックがおすすめ

10色(レッド・ブルー・ブラウン・グリーン・グレー・オレンジ・パープル・ピンク・ベージュ・ブラック)
保湿成分:加水分解シルク(高い補修・保湿効果)
サラサラになり髪質にも張りが出ていい感じです。
髪色をアッシュ系にカラーリングしているのですが、アッシュは落ちやすくて…
カラーしても3週間位で赤みが出てきてしまっていました。
こちらを使い出してからカラーリングに行く頻度が減りました。

口コミ

口コミ

チラチラと出てきた白髪に最適です。
明るくしていないので、自毛の上から付けると全体はほんのり分るか分からないかくらいの色味になり、白い部分にはそのままの色が入ります。

15位:ウエラ カラーリチャージ

1,200円~送料別1本200ml入り
日本人の髪色に合いやすい色味(赤みが強め)に調整されている。
染めた髪の毛が黄ばみやすい人、白髪が多い人でもツヤツヤに仕上がる

公式HPで期間限定返金保証キャンペーンが開催されることがある。

3色(ウォームブラウン・ダークブラウン・ナチュラルブラック)
6種のエッセンシャルオイル(アルガン、マカデミアナッツ、ヤシ、ホホバ、アボカド、ヒマワリ)が髪の毛を保護、頭皮のアンチエイジング効果も
3回連続くらいの使用で、何となく気になる根元の白髪が赤っぽい茶色に染まりました。
その後は2~3日おきに1回といった頻度でも、色持ちも良い様に感じました。
香りも穏やかですし、仕上がりもサラサラしています。
使った感触として悪くはないです。

口コミ

口コミ

3回で「しっかり」とは染まりませんでした。白髪にもワントーンのって目立たなくなったくらいの染まり方です。2回目まではまったく染まらずキャンペーンに応じて返金してもらおうかと考えていましたが、3回目は効果がありました。染まり具合には個人差があると思います。以前購入した他者製品よりは染まりました

16位:50の恵:頭皮いたわりカラートリートメント

1,500円1本150グラム。初回限定送料無料、返金保証:購入日より1ヶ月以内
染まりはドラッグストアで買える市販品の中でもトップクラス。ただし、仕上がりがパサつくことがあり、香りの好みが分かれる。

3色(ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン)
4種の海藻成分(ヒジキ・ワカメ・カギイバラノリ・アラリアエスクレンタ)で髪の毛に潤いを補給してくれる
カラートリートメントにしては染まりが良いです。
シャンプー時に使うタイプのものが嫌いなのと、市販の白髪染めは傷みが激しいため、ここしばらくはダメージのないこればかり。
私も最初は染まりにくいなぁと思いましたが、続けていくうち髪に受け入れ態勢(?)ができてきたのか、最近は一度で色が入ります。

口コミ

口コミ

初めて使った時は、安い芳香剤みたいな匂いが気になったり、思うように白髪が染まらずちょっとがっかりしました。
それでも2本買ってしまったので、週一ペースで使い続けていると、徐々に色も入り色落ちもしにくい事に気がつきました。

17位:シエロカラートリートメント

1,080円~送料別1本180グラム
ネット通販(Amazon、楽天)各ショップにてまとめ買い割や送料無料が適用される。

ダークブラウンは赤みが強め、ディープブラウンは黄色が強めで、染まりは良いが色落ちが早い印象。
ヘアカラートリートメントの中ではトップクラスの低価格!

3色(ナチュラルブラック・ダークブラウン・ディープブラウン)
海泥ミネラルと3つの天然成分(黒米・ミツロウ・海藻)が髪の毛の潤いをチャージしてくれる
弱酸性できしみの少ない仕上がり
商品はありきたりですが、つやがでるし、ほかのものとは違う。安いのが、いいです。
あくまでも毛染めでないため、髪の傷みがなく、頻繁に使うことです。

口コミ

口コミ

白髪以外は真っ黒になりました。
白髪は根元は白いまま、毛先が目立たないようなこげ茶となりました。
どこでも売ってるし、安いし、全く染まらないという訳でもないので、多分また買います。
皮膚は強い方ではないですが、特に湿疹が出来たりもありませんでした。

18位 グローイングショット カラートリートメント ブラウン(創新)

ランキング第18位は、創新「グローイングショット カラートリートメント ブラウン」です。5種のセラミドなどの補修成分・3種の浸透型コラーゲン・オタネニンジン根エキスを含む美容成分をたっぷり使用していますが、価格は3,132円(税込)とお求めやすくなっています。

5種のセラミドなどの補修成分・3種の浸透型コラーゲン・オタネニンジン根エキスを含む美容成分をたっぷり使用していますが、価格は3,132円(税込)とお求めやすくなっています。塩基性染料とHC染料、2種の染料でしっかり髪が色づきます。

カラーはブラック・ブラウンの2色展開です。内容量は200g、クリームタイプなのでとても伸びがいいです。グローイングショット カラートリートメントは有名ブランド“POLA”の主力商品のひとつで、口コミでも話題を呼んでいる商品です。独自の美容成分である黒米エキスも配合している点もポイントです。タンパク質・ミネラル・アミノ酸が入っているため、髪にうるおいとツヤを与えてくれます。

香りも個性的で、シトラスが効いたスパイシーフローラルの香りは使用しながら気分もリフレッシュしてくれますよ。

19位 ヘアカラートリートメント スピード3 ダークブラウン (ドクターシーラボ)

ランキング第18位は、ドクターシーラボ「ヘアカラートリートメント スピード3 ダークブラウン」です。価格は3,520円(税込)となっています。ツバキ種子油・オリーブ果実油・アボカド油などの植物オイルを配合し、さらにしなやかな髪へと導きます。

染料には加水分解クチナシエキス・ウコン根エキス・着色成分ベニバナ赤を使用しているので、しっかり、そして美しく髪が色づきます。天然色素のみを使用しているため安心です。

ダークブラウン・ソフトブラウン・ソフトブラックの3色展開で、クリームタイプのヘアカラートリートメントです。内容量は235gで、たっぷり気兼ねなく使えます。

ヘアカラートリートメント スピード3には、加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸Na・セラミド2の3大保湿成分が含まれています。パサつきを気にすることなく、髪1本1本がしっとりとしてまとまりやすくなります。放置目安時間がたった3分しかかからずスピーディーに白髪を染めることができるため、あまりカラーリングに時間をかけたくない方におすすめです。

20位 綺和美 Root Vanish ヘアカラートリートメント ダークブラウン(スリーエム)

ランキング第20位は、スリーエム「綺和美 Root Vanish ヘアカラートリートメント ダークブラウン」です。価格は5,478円(税込)となっています。

配合フケ・かゆみを抑えるニンニク・カワラヨモギをはじめとした22種の天然植物由来成分を使用し、髪に優しいエキスが毛根の奥までしっかりと浸透します。

染料は塩基性染料をベースにしていますが、こちらの商品はヘアマニキュアに分類されます。そのため、通常のヘアカラートリートメントよりはっきりとした色味に染めることができます。

カラーはブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色展開ですが、なかでもダークブラウンが大人気です。赤みを抑えた色味なので、エレガントな雰囲気を演出することができます。ムラがでにくい、クリームタイプです。

内容量は150gでランキング掲載分の他社商品と比較すると少なめに感じてしまいますが、最大で2か月もつといわれています。1日換算すると約90円なので、しっかり節約もできます。

綺和美 Root Vanish ヘアカラートリートメントの魅力は、ハリウッドセレブ御用達のカラーリストであるKAZUMI MORTONが監修した目を惹く素敵なカラーにあります。

日本人の髪質に沿って開発された色味なので、染まった後もとても馴染みます。

素手でも使用できますが、美容師からの支持も高いナイロンブラシが付属でセットされています。ブラシを使用した方がより満足いく仕上がりが実現するでしょう。

失敗しないヘアカラートリートメントの買い方

ヘアカラートリートメントで一番気になるところは、「思い通りの色に髪が染められるか?また、頭皮や髪にダメージが少ないか?」ではないでしょうか?

しかし、そんな理想的なヘアカラートリートメントで完璧な評価になる製品はなかなかありません。

ある程度の妥協は必要ですが、失敗しないために次のポイントに注意しておくといいでしょう。

    失敗しないヘアカラートリートメント選び

  1. 頭皮にやさしい成分で刺激の強い成分はない
  2. 1回で色が入る・しっかり染まる
  3. 値段が安すぎない(2000-3000円くらい)
  4. 髪色に合う色が選べる

最終的には、実際に自分の髪で染めてみないとわからないので気になるヘアカラートリートメントは、初回購入特典をうまく使って購入し、実際に試してみてどんな風に染まるのかチェックするといいでしょう。

<人気のカラートリートメント>

利尻 ルプルプ レフィーネ リライズ
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ LPLP定期便 ヘアカラートリートメントランキング4位 花王リライズ
通常価格 ¥3,300 ¥3,000 ¥3,667 ¥2,970
特別価格 ¥2,200 ¥1,980 ¥2,167 ¥2,970
送料 550円 550円 無料 無料

ヘアカラートリートメントの髪に色づく仕組み

いままで美容院で染めていた人も、最近では、ヘアカラートリートメントを使って染め始める人増えています。

だけど、カラートリートメントって染まらない・・っていう話を聞いたことありませんか?

頭皮や髪にダメージがないのにちゃんと染まるのか?・・・。

ネットでちょっと調べただけでもたくさんの種類があってびっくりしませんか?どのヘアカラートリートメントを使ったら、ちゃんと染まるのか?そう心配になる人も多いでしょう。

ヘアカラートリートメントのほとんどがHC染料と塩基性染料をメインで使っています。

イオン染料というもので、髪のマイナスイオンに染料のプラスイオンがくっついて染毛させる仕組みですが、この他にも製品により違う成分が含まれそれぞれの配合も違います。

実際に使ってみたら、なかなか色が入りにくいヘアカラートリートメントもあれば、1回でしっかりと色が入るヘアカラートリートメントもあります。髪質にもよりますが、製品にもよるため、こればかりは使ってみたいとわからないケースが多いです。

艶を再現してくれるトリートメント効果

カラートリートメント おすすめ

ヘアカラートリートメントは、髪を色付けるほかに、パサついた髪にも艶を与えてくれます。

上の写真はカラートリートメントで染めてちょうど5日目に撮影した写真ですが、白髪がそれほど目立たない状態ですし、髪をコーティングしてくれているので、傷みにくく艶も出してくれるんです。

白髪ケアしながら美髪ケアも同時に叶えてくれる優れものなので、気になっている人は、試してみてはいかがでしょうか。

本当に安全な成分なのか

ヘアカラートリートメントにはジアミンや過酸化水素が入っていないので、美容院の白髪染めや市販のヘアカラーに比べて成分がやさしく基本的に安心できるヘアケアです。

しかし、100%安全とは言えません。アレルギーを持っている方や敏感な肌の人は、天然の香料にも負けてしまうことがあるので、事前にパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

ヘアカラーによるかぶれやアレルギーになった人でも使える

ヘアカラーでアレルギー

管理人は、もともと美容院の白髪染めを月に1回のペースで利用していたのですが、ある日突然前髪の近くがヒリヒリするようになり、その後頭皮が赤くなってしまい、髪の毛もたくさん抜けてしまったという経緯があります。

そのきっかけから毎月美容院でカラーをするのをやめてなるべく自宅でセルフケアをしています。

抜け毛が止まって頭皮の赤みがなくなるのに半年かかり、その後も怖くてすぐに美容院にはいけませんでしたが、今は1年に1回美容室で白髪染めをする、というサイクルになっています。

ジアミンアレルギーや酸化染毛剤などカラー剤の刺激で頭皮ダメージを受ける人がとても多いので消費者庁でも「毛染めによるアレルギーに注意」と呼び掛けているくらいなので、なるべく安全な成分を継続して使うのがいいですね。

ヘアカラートリートメントの相場について

クイスクイスみたいに1袋200円台みたいに安いのもあるし、200グラムくらい入ってるヘアカラートリートメントでも1000円台の製品まであります。

みんな同じならなるべく値段が安いヘアカラートリートメントにしたいですよね?実際の効果や成分の比についてはどうなんでしょうか?

頭皮や毛髪にやさしい成分で髪に色をしっかり入れるためには、ある程度の値段が張るというのは仕方ありません。

相場って?!

白髪用カラートリートメントの相場

白髪用のカラートリートメントは、だいたい200グラムで標準価格が3000円前後(内容量は200グラムとして)の製品が多いです。

あまり値段が安すぎるカラートリートメントは、お得に感じても、その分危険な刺激の強い成分が使われてしまっている可能性があるので、注意しましょうね。

ルプルプや利尻、レフィーネは初回の購入だけはすごく安いけど2回目からは激安にはなりません。2回目からは、会員価格でお得に買えたり、定期購入でポイントを貯めるといろいろ節約できますよ。

危険な着色料ってなに?

危険な着色料」と検索するといろんな情報が出てきます。

食品添加物のほとんどに発がん性があるように着色料の元は劇薬や毒物だったり、微量であれば大丈夫といっても定期的に使うことで、体に少しずつ蓄積するかもしれません。自分の健康は自分で守るのが一番なので、やはり怪しいと思うものは最初から使わない、なるべく使わない、なるべく昔からあるものを使う、という習慣がおすすめかなって思います。

そんなわけで、おすすめしたいヘアカラートリートメントは1本3000円前後だせば、大きな間違いはしないだろう、と思っています。参考にしてくださいね。

1回でしっかり色が入りやすいし安全なヘアカラートリートメントは、はじめから値段の安すぎないヘアカラートリートメントを選ばないほうがいいでしょう。

髪や頭皮にやさしい成分で、白髪にしっかり色を入れるためにはある程度の値段は必要で、安すぎる製品を選ぶと、危険な染料が入ってしまう可能性が高いと思います。

あまりに安い製品はどこか欠けている傾向がありその分、刺激の強い染料や薬剤が混ざっている可能性があるので、頭皮がデリケートな人はよく注意して選びましょう。

※肌が弱い人は事前にパッチテストするのがおススメです。

美容院のカラーや市販のヘアカラーとの違い

なにげなく毎月美容院に予約してカラーしてもらっていませんか?美容師さんが薦めるように、髪のダメージに良いトリートメントをしてみたり、最近はやりのブリーチで「ファイバープレックス」なんてやってみたりしていませんか?

まあ、最新のカラー方法に関しては、ある程度定着しないとその先はわからないのですが、総合的に比較するとこんな感じです。

  • 美容院のカラー方法:永久に染める染毛剤
  • 市販のヘアカラー:永久に染める染毛剤(二剤式)
  • ヘアカラートリートメント:一時的に染める染毛料

美容院で染めるカラーリングも市販のヘアカラーもどちらもよく似た成分の薬剤を使っていて、一度染めたものは1カ月以上たつと少しずつは色があせるものの、へアカラートリートメントのようにすっかり色がなくなって完全に戻ってしまうものではありません。

また、美容院は基本的に二剤式として、はじめに脱色(ブリーチ)を行い、その後色が抜けた状態でカラーを入れる方法ですが、特に白髪染めのときは最初のブリーチを行わずにカラーだけ行うこともできますが、この場合は濃い目の茶系やブラックのみに限定されます。

過酸化水素の刺激が強い

過酸化水素で脱色するとき、かぶれやすい人はこのブリーチを飛ばして毛染めだけでお願いできるので、美容室でカラーする場合は二剤タイプと一剤だけのと選ぶことができるんですね。

要するに美容室でのカラーは頭皮ケアに気を配ってもらえるので、同じジアミン系の染料を使っても市販のヘアカラーよりはかなり刺激が抑えて染めることができるのが大きなメリットですね!

一方、ヘアカラートリートメントは全く違うタイプでいわゆるお化粧品の部類で、一度染めても、必ず落ちてしまいます。

髪の表面を主に染めていくもので、ほんの少しキューティクルの隙間をあけて少し入っていくけど、永久染毛剤ではないので、染まりやすくはなるけど完全に染まって落ちないということはありません。

だから、1-2週間に1回、人によっては週に1-2回染めなくては色もちがしません。

でもメリットとしては、ジアミンアレルギーになったことがある人でも使うことができるし、刺激に弱い人や、将来の頭皮の安全を案じてやまない人でもほとんど安心して使えるというとこです。

ジアミンアレルギーの危険性

美容院でカラーをするとき、市販のヘアカラー染めるとき、ヘアカラー剤には、広く配合されている酸化染料の一つにジアミンといわれる成分があります。正式名称は「パラフェニレンジアミン(英名=phenylenediamine,Diaminobenzene,PPD)」といいます。

キューティクルの内部で酸化結合して高分子化して発色してくれるので、色が定着しやすく色持ちが良いので、ほとんどのカラー剤に入っているのですが、ジアミンの成分により、刺激を受けて危険な症状になったりアレルギー反応を起こしてしまう人がいるので、頻繁に使うことで、そのリスクが大きくなる可能性があります。

逆に、永久染毛剤でのカラーをしなければ、ジアミンアレルギーには一生なることはありません。

ジアミンアレルギーになってしまうと一生カラーリングはできなくなってしまうため、なっていない人は極力頻繁に使わずに、抑え目にカラーをすという方法が良いでしょう。毎月染めるのではなく年に1-2回がちょうどいいでしょう。

何度も繰り返し使うことで、皮膚アレルギーやジアミンアレルギーになることが多いので、ある日突然に美容室で染めている最中に頭皮がヒリヒリ・・と来ることはよくあるので、毎月染めている人は注意したほうがいいでしょう。

参考:美容院で染める白髪染め

まとめ

ヘアカラートリートメントについての詳しい情報、そしておすすめ商品20選をランキングにて紹介しました。

ヘアカラートリートメントは時間をかけずに綺麗に髪の色を変えることができる手軽さを備えています。また、ケアをしながらイメージチェンジも行うことができるため一石二鳥です。ダメージを気にしなくていいため、気兼ねなく使うことができます。

現在、たくさんの種類のヘアカラートリートメントが市場に出回っています。それぞれの商品が持つ特徴は異なるので、ご自身の理想に合わせてヘアカラートリートメントを選ぶことが大切です。

白髪にお悩みの方・ダメージが気になる方は、使うたびに色が染まっていき美しい髪を育むヘアカラートリートメントを是非お試しください。

>>TOP:カラトリ美楽