ダーマペン・PRP療法

♦︎進化し続ける、ダーマペン

ダーマペンはマシンの先端に施された超極細針を皮膚へ刺し、肌へ高密度に微細な傷をつけるといった治療法です。傷を修復しようとする自然治癒力の作用によって体内のコラーゲン生成を促進し、気になる小ジワやたるみ、毛穴の開き、ニキビ跡、妊娠線など、様々な肌の症状を改善します。

 

肌質の改善、毛穴治療、ニキビ痕治療、小じわ治療には今一番人気です。

16本の極細ステンレスニードルカートリッジが、1秒間に120回という速さで振動することにより毎秒約2000か所の小孔の作成が可能となりました。治療時間が短縮されダウンタイム軽減に繋がります。(術後の経過や状態は個人差によりますが、治療後1週間程度赤み、ヒリつき、皮剥け、乾燥などが生じます。)

 

創傷治癒の過程で様々な成長因子が放出され、コラーゲンの増生、お肌のリモデリング、リジュビネーションが起こります。肌の再生力を高めることで、肌の衰えやニキビ痕の皮膚の凹凸を改善します。

ダーマペン4はダーマペン3に比べて、「ダウンタイムが短い」ことが最大のメリットです。

♦︎PRP療法

PRP(Platelet Rich Plasma)療法=多血小板血漿療法は、患者様ご自身の血液から抽出した「多血小板血漿(PRP)」を、実施部位に注射する再生医療です。