MENU

まぶたのたるみを解消したい!症状と原因・美容クリニックでの施術方法を解説

年齢を重ねるにつれてまぶたのたるみが気になりはじめる方がおられるのではないでしょうか。

まぶたのたるみは放置しておくと、見た目の変化だけではなく、視界の悪さや自律神経のトラブルにもつながります

まぶたのたるみは自力で改善することは難しいため、美容クリニックに通うかどうか悩んでいる方も多いかもしれません。

この記事では、まぶたのたるみの原因から症状、美容クリニックでの施術方法まで詳しく紹介していきます。

まぶたのたるみ治療おすすめクリニック

スクロールできます

品川美容外科

ガーデンクリニック

TCB東京中央美容外科

TAクリニック

聖心美容クリニック
切らない
目の下の
たるみ取り
98,000円
プレミアム
目の下のたるみ取り
330,000円
下瞼脱脂法
月額7,100円
83,600円
経結膜脱脂法
198,000円
下瞼脱脂法
330,000円
経結膜脱脂法
切開
目の下の
たるみ取り

83,600円
下眼瞼除皺術
328,900円
下眼瞼切開術
まぶたの
たるみ取り
98,000円
プレミアム
目の上のたるみ取り
440,000円
まぶたの
たるみ取り
83,600円〜
上眼瞼除皺術
385,000円
上眼瞼除皺術
330,000円
重瞼線部分開法
キャンペーン・モニター価格あり
・会員価格あり
・LINE友達で割引
・モニター価格あり
・LINEクーポン配布
・ダイヤモンド会員
・LNEクーポン配布
・期間限定クーポン
・LINE友達で割引
・今月のおすすめ施術
・モニター募集あり
全国院数40院8院77院8院10院
カウンセリングありありありありあり
おすすめポイント会員価格がお得
アフターケアが充実
保証制度が充実
追加料金なし
クーポン・割引が豊富
通いやすい全国展開院
最安9,000円で施術可能
常勤医師がいる安全性

無料オンライン診察
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。
目次

まぶたや目元のたるみでこんな悩みありませんか?

まぶたや目元のたるみは、特に30代から40代にかけて女性の美容に関する悩みの上位を占めています。

まぶたのたるみを自覚するタイミングは、視界の悪さ、目の大きさの変化、化粧ノリの悪さなど人によってさまざまです。

次のような症状が現れたら、まぶたのたるみが進行しているサインかもしれません。

まぶたが厚ぼったくなり老けて見える

若い頃は二重幅もしっかりしていたのに、最近はまぶたが厚ぼったく見えるという方は多いのではないでしょうか。

まぶたが厚ぼったくなってしまうと、二重幅が安定せず、日によっては一重に見えてしまったり、顔全体のバランスと比べて目の位置が低くなってしまったりと、見た目の変化につながります。

また、近年ではスマートフォンの普及やリモートワークの導入により、目を酷使する方が急増し、年齢に関係なくまぶたのたるみを実感することが増えています

視界が悪い

正常なまぶたは、瞳孔にまぶたがかからず、黒目の形がはっきりと丸く見えています。しかし、まぶたがたるむと、瞳孔の中央に向けてまぶたがかかり、目が開けにくくなってしまいます

したがって、まぶたのたるみによって視界が狭くなるという症状もまぶたのたるみによる症状のうちの一つです。症状の重い方は、景色が十分に見えず日常生活に悪影響を及ぼすこともあります

目が小さく見えるようになった

年齢を重ねるにつれてまぶたが重くなり、いつの間にか目が小さくなっている気がするという悩みの声も多く聞かれます。

眼精疲労や加齢に伴い目の周りの血液循環が悪化し、まぶたを支える筋肉が衰えてくると、まぶたの面積が広くなってしまい瞳が見える面積が狭くなってしまいます

その結果、目が全体的に小さく見えるようになります。

目元の化粧が難しくなった

まぶたの悩みで一番よく聞かれるのが、目元の化粧が難しくなったという声です。

まぶたがたるみ、厚ぼったく見えるようになると、今まで使っていたアイシャドーの色が似合わなくなってしまうことがあります

たるんだまぶたを隠し、若々しい目元に見せるために、普段とは違うメイクを一から研究しなければならないなど、メイクの方法に悩まされることもあります。

症状により「眼瞼下垂症」と診断されることも

まぶたの悩みが重症化してしまうと、「眼瞼下垂」という診断を受ける可能性があります。眼瞼下垂とは、まぶたが下がってきて視界が悪くなる病態です。

特に、上まぶたのまぶたが重く、上方の視野が狭いといった症状が挙げられます。

加齢や生活習慣のような原因によって、まぶたを引き上げる筋肉である「眼瞼挙筋」という組織の働きが低下してしまうのが眼瞼下垂です。

眼瞼下垂が進むと、見た目の変化だけではなく頭痛や肩こり、疲労など、からだのあらゆる部位に影響が出る場合があるため、健康上の悪影響を及ぼす病気として認識されています。

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂は、薬が効きにくいため、手術で治療を行います。垂れ下がってしまったまぶたをただ直すだけであれば、保険適用手術となり、比較的安価に施術を受けることができます。

しかし、患者の方の多くは、目の形やバランス、シワの改善を求めている場合があるため、美容整形外科で美容的観点を考慮した手術が行われます。

美容目的とみなされる場合は、保険適応外となるため、値段は少し高くなります。

眼瞼下垂症と診断される基準とは

眼瞼下垂は、自覚症状とセルフチェックでおおよその診断をすることができます。次の自覚症状に当てはまる項目が多ければ、眼瞼下垂の可能性が高いでしょう。

1目を開くとき力を必要とする
2視界が狭い
3頭痛、肩こりがある
4まぶたが腫れている気がする
5まぶたが三重、四重になってきた
6目と眉毛の間隔が開いてきた
7眠そうな見た目をしている

自覚症状があり、眼瞼下垂かもしれないと不安な方は、次のようなセルフチェックを行いましょう。

  1. 目を閉じて顔を正面に向ける(この時、まぶたに力は入れない)
  2. 眉毛の上のあたりを指で軽くおさえる
  3. 指をおさえたまま目を開ける

このチェックを実施し、おでこに力が入る、目が開きにくいなどといった場合には、眼瞼下垂の可能性が高いため、注意が必要です。

保険適用の判断基準とは

眼瞼下垂と診断され、保険適用の手術を受ける条件は、生活に支障をきたすような重症度の高い状態であることです。眼瞼下垂の診断では、まぶたが垂れ下がっている程度を計算していきます。

主に、上まぶたの淵から瞳孔の中心までの距離が3~3.5mm以下になると重症と判断され、治療に保険が適用されます。

眼科や形成外科では、セルフチェックの結果と合わせてカウンセリングがされます。次のような要望がある場合には、保険適用されず、自費診療となります。

  • 目元をすっきりと大きく見せたい
  • 一重から二重になりたい
  • 視界は特に問題ないが、見た目が気になるため利用したい

上記のような要望がある場合には、眼科ではなく美容外科での施術をおすすめします。

自費診療にはなりますが、軽度な眼瞼下垂の状況を改善すると同時に、目元のコンプレックスを解消する手術が受けられます

まぶたがたるむ原因とは

まぶたのたるみは、加齢に伴う筋力の低下だけでなく、電子機器の使用やアイメイク、生活習慣などが原因として挙げられます。

加齢・筋力やハリの低下

まぶたのたるみの原因1つ目は、加齢に伴う皮膚のハリ、筋力の低下です。歳を重ねると、わたしたちの肌をハリの良い状態に保つコラーゲンやヒアルロン酸が減少します。

すると、肌の弾力が失われ、目元のたるみが目立つようになります。

テレビやスマートフォン・コンタクトレンズの長時間使用

リモートワークや趣味のゲーム、スマートフォンの使用など、普段から電子機器をよく利用している方は注意が必要です。

目を酷使した状態を長時間続けていると、血流が悪化し、目の周りの筋肉の機能が弱まってしまいます

さらに、電子機器の利用は、瞬きの回数も減少させてしまうため、まぶたの筋肉が鍛えられずたるみの原因となります

アイメイクや洗顔などの摩擦や刺激

アイメイクや洗顔時に過度な摩擦や刺激をまぶたに与えることにより、たるんでしまうことがあります。

まぶたは厚さが約0.6mmととても薄く、繊細なため、少しの摩擦や刺激で炎症を起こしてしまうこともよくあります。

特に、若い世代に人気の二重のり「アイプチ」の過度な使用は、まぶたに負担をかけてしまいます。

目元の印象を大きく変えるために二重のりを日常的に使用する方もおられるでしょう。皮膚への負担を考え、使用頻度に注意しましょう。

タバコなどの生活習慣

美容用語には、「スモーカーズフェイス」という言葉があります。

たばこの成分に含まれるニコチンやタールは、まぶた全体のたるみ、目の下のクマや法令線、血色の悪さなどを引き起こすとされています。

また、ニコチンやタールは、血液循環を悪化させ、ビタミンCの働きを阻害してしまう作用もあるため、肌の弾力を失ってしまう原因となります。

血行不良は、目元の筋力の働きを低下させ、まぶたのたるみの進行を早めてしまうため注意が必要です。

また、喫煙者は眼瞼下垂の手術後の内出血、腫れの治りが遅くなってしまう可能性があります。手術を検討している方は、一定の期間禁煙することをおすすめします。

その他先天性や病気による要因

まぶたのたるみの原因は、加齢や生活習慣だけでなく、先天性や病気の場合もあります。

また、生まれながらにして片方、あるいは両方のまぶたが下がっている状態を、「先天性眼瞼下垂」といいます。

生後に先天性眼瞼下垂と診断された場合でも、ある程度目が開いていて視界に問題がなければ、3歳頃までは通院し、経過観察を行います。

診療の中で、「視力が低下している・下垂が進行している」など日常生活に悪影響を及ぼす可能性があると判断された場合は手術して治療を行います。

まぶたのたるみをそのままにしておくと起こる体の不調

加齢とともに悩みの種となるまぶたのたるみは、からだのあらゆる不調と密接に関わっています

眼精疲労、目元のシワ、頭痛や肩こり、自律神経の乱れなどの不調を抱えている方は、まぶたのたるみが原因かもしれません。

たるみを放置すると深刻化する症状について理解を深め、予防・改善に努めましょう。

眼精疲労

目元の筋力が低下し、まぶたの皮膚がたるんでくると、健康な状態よりも視界が悪くなり、眼精疲労の原因となります

眼精疲労は、自律神経の乱れや食欲不振、集中力の低下を招く場合もあります。

また、眼精疲労の状態になると、目の周りの筋肉に負荷がかかり、ピントが合わせづらくなり視力が低下してくる原因にもなります。

目元のシワ

女性のお肌にとって最大の敵ともいえる「シワ」も、まぶたのたるみによって引き起こされます

まぶたの皮膚や目元の筋肉が衰えてくると、まぶたを引き上げる際に眉毛やおでこに力が入るため、シワを形成してしまいます。

おでこのシワは、眼瞼下垂のサインでもあるため、見逃さないようにしましょう

頭痛や肩こり

まぶたの内側には、瞼板という組織があり、まぶたの形を支えています。目を開きたいときには上眼瞼挙筋という筋肉が引っ張られることで正常に瞬きをすることができます。

しかし、まぶたがうまく開かない状態だと、上眼瞼挙筋の緊張状態が続くため、目の奥の痛みや頭痛、肩こりに影響してしまいます

自律神経などにも影響が

まぶたを支える瞼板とまぶたを開く上眼瞼挙筋を繋ぐミュラー筋という筋肉は、交感神経の働きをコントロールしています。

まぶたのたるみが悪化すると、ミュラー筋がまぶたをあげようと交感神経に信号を送り続けてしまうため、自律神経の調節が乱れ、自律神経失調症として現れてしまいます。

自律神経の乱れは、うつ病をはじめとする心の病を引き起こすことがあるため注意が必要です。

まぶたのたるみは、老けてみえるという外見だけの問題ではなく、心の病にもつながるため、軽くみてはならない症状です。

まぶたのたるみを改善する美容クリニックでの治療方法

まぶたのたるみは、自力で改善することが難しいため、美容クリニックでの治療をおすすめします。

たるみを改善する手術方法には、目元周りのパーツの中でどの箇所を切除するかによって、メリットやデメリットが大きく変わってきます。

上眼瞼皮膚切除

メリット・二重のラインをくっきり見せる
・まぶたの厚みを改善
手術所要時間片側1時間
リスク・まぶたの内出血
・まつ毛の感覚異常
・麻酔薬に対するアレルギー反応
・左右非対称などの形態的な問題

上眼瞼皮膚切除とは、二重のラインに沿って皮膚を切り取り、上まぶたのたるみを改善する方法です。一重を二重にすることができ、二重のラインを調節することができます。

一重で目の大きさに悩んでいる方は、まぶたのたるみと同時に目元のコンプレックスの解消にもつながります。上眼瞼皮膚切除は、次のような方におすすめです。

  • 元は綺麗な二重だったのに、奥二重になった
  • 目が小さくなってきた
  • おでこにシワができるようになった
  • まぶたが厚ぼったく見える

クリニックによっては、まぶたのたるみの改善と同時に、まぶたの状況や好みの目の形に合わせてデザインの調節が可能です。

目元をすっきりさせたい、二重のラインをくっきりとさせたいという希望を叶えられます。

上眼瞼皮膚切除では、二重のライン上を切り取るため、二重ラインに傷あとが隠れます。したがって、目を開けている状態では傷あとが目立ちにくいことが特徴です。

目元をすっきりさせる一方、上眼瞼皮膚切除では、まぶたの中でも特に繊細な皮膚を手術するため、切除幅が広いと不自然な二重になってしまうこともあります。

眉毛下皮膚切除

メリット・一重、二重のラインが整う
・目元がすっきりする
・眉毛で傷が隠れる
手術所要時間60分
リスク・眉毛の形が変わってしまう

眉毛下皮膚切除は、眉毛の下を切り取り、たるんだ皮膚と皮下脂肪を切除する方法です。

眉毛で隠れる部分を切り取るため、傷が目立ちにくいことが特徴です。眉毛下皮膚切除は、次のような方におすすめの手術です。

  • まぶたのたるみが気になる
  • まぶたに傷をなるべく残したくない
  • 目元を整えて若返りたい

傷が目立たない方法の眉毛下皮膚切除ですが、手術を受けるうえでは、眉毛の形が変わってしまうリスクを考慮しましょう

また、目と眉毛の感覚が狭くなる可能性もあるため、元々眉毛と目の距離が近い方にはおすすめできません

眉毛上皮膚切除

メリット・眉間のシワを一緒に取り除ける
・元々あった二重を取り戻せることもある
手術所要時間60分
リスク・眉毛を引き上げすぎると顔のバランスが崩れる
・一時的な傷が目立ちやすい

眉毛上皮膚切除は、眉毛の上の部分を切り取り、余計な皮膚をのぞいて筋肉で眉毛を釣り上げます。

眉毛の周りの脂肪や筋肉を整えるため、眉間のシワも一緒に治療できることがメリットです。

眉毛上皮膚切除は、次のような方におすすめです。

  • まぶたのたるみが気になる
  • 眉毛と目の間が狭い(眉毛下皮膚切除ができない)
  • 眉間のシワが悩み
  • 傷跡を極力残したくない

眉間のシワの治療も同時に行える眉毛上皮膚切除ですが、眉毛を引き上げすぎてしまうと、顔のバランスが崩れてしまうリスクも念頭におきましょう。

挙筋前転術

メリット・おでこのシワが目立ちにくくなる
・一重から二重にすることができる
・他の施術よりも比較的痛みが少ない
手術所要時間60~90分
リスク・薬剤のアレルギー
・内出血
・しこり、腫れ等

挙筋前転術は、眼瞼挙筋というまぶたを上げる働きをする筋肉に直接治療を施すという施術方法です。

まぶたのたるみの最大の原因である瞼板と挙筋腱膜を縫い合わせ、必要に応じて皮膚を切り、脂肪を取り出しながらすっきりした目元を作り出します。

挙筋前転術は、次のような方に最適です。

  • だんだん目の開きが悪くなってきた
  • 視界が悪くなった
  • 肩こりや頭痛がする
  • 老けてみえるようになってきた

眼瞼下垂症に直接アプローチができる挙筋前転術ですが、術後数週間はまぶたが閉じにくくなり、ドライアイになりやすいというリスクがあります。

術後の腫れや痛みは2週間ほどで改善されますが、それまでは内出血や傷跡も少しできる可能性があるため注意しましょう。

まぶたのたるみ改善治療におすすめの美容クリニック3選

まぶたのたるみは、重度であれば視野障害の機能改善として保険適用の対象となりますが、軽度の場合は自費になってしまう場合が多いです。

しかし、基準値は軽度であっても、まぶたのたるみを直したいという方は、美容整形外科で目元の仕上がりの美しさも考慮しながら治療しましょう。

この項目では、おすすめの美容クリニックを3つ紹介します。料金やおすすめポイントを比較しながら、最適なクリニックを選びましょう。

TCB東京中央美容外科

出典:TCB東京中央美容外科
おすすめポイント
  • クマ取りの選択肢が豊富
  • メスを入れずにクマを治せる
  • 最安9,800円(税込)でたるみ改善を目指せる

TCB東京中央美容外科は、全国に77院展開しており、高品質な治療を地域最安レベルの低価格で提供しています。また、プチ整形メニューを豊富に取り揃えているため、美容医療初心者でも施術を受けやすいのが特徴です。

施術の保証や返金制度などがしっかりと整っており、アフターサービスが充実しています。トラブルが発生した際は、全て無料にて修正・回復・アフターケアを行います。

TCB東京中央美容外科のまぶたのたるみやクマのメニューは、種類豊富です。切らない目の下のクマや、クマ取り再生の注射などがあり、たくさんの種類から自身に合う施術を選ぶことが可能です。

目の下のたるみ症例写真

クリニック名TCB東京中央美容外科
料金【クマ取り再生注射】
9,800円~
【切らない目の下のクマ取り】

83,600円~
【ヒアルロン酸注射】

19,200円~
【スネコス注射】

69,800円~
【グロースファクター】

38,800円~
【下眼瞼除皺術】

83,600円~
【上眼瞼除皺術】

83,600円~
【眉下リフト】

83,600円~
【ベビーコラーゲン】

84,900円
全国院数全国77院
支払い方法・現金
・デビットカード
・クレジットカード
・医療ローン
・スマホ決済
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

品川美容外科

出典:品川美容外科
おすすめポイント
  • 片側のみの施術も可能
  • BMC会員で全メニュー30%割引
  • 各メニューにワンランク上の施術あり

品川美容外科は、開業34年で全国に39箇所病院を展開している歴史ある美容外科です。溶ける糸を使用したたるみやシワの治療を得意としています。

品川美容クリニックでは、手術価格も高すぎず、適正価格での提供がされています

品川美容外科の手術プランは、カウンセリングとアフターケアが充実していると評判です。

「プレミアム目の上のたるみ取り」コースでは、1年間の安心保障制度で再治療することができます

手術からしばらく経過し、二重のラインが薄くなった際には気軽に相談できるのが嬉しいポイントです。

品川美容クリニックでは、なるべくリーズナブルな値段でより多くの方に美容におけるコンプレックスを解消してもらうため、様々な割引制度を導入しています。

会員割引やお友達紹介チケットなど、お得に治療できるプランがあるため、ホームページをチェックしてみましょう

クリニック名品川美容外科
料金【目の下のふくらみ取り】
46,200円~(片目)
88,000円~(両目)
【目の上のたるみ取り】
63,990円~(片目)
98,000円~(両目)
【目の下のたるみ取り】
64,990円~(片目)
98,000円~(両目)
【ヒアルロン酸注射】

38,880円~
【眉下リフト】
297,990円~
全国院数全国39院
支払い方法・現金
・デビットカード
・クレジットカード
・メディカルローン
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

ガーデンクリニック

出典:ガーデンクリニック
おすすめポイント
  • 症例モニターメニューが豊富
  • 料金表示が明確で追加料金一切なし
  • 様々な角度で目元の悩みにアプローチ可能

ガーデンクリニックは、開院23周年の歴史があり、全国に8院展開しています。お客様一人一人に合わせた、オーダーメイドの美容医療を提案しています。年中無休で相談を受付しているのも魅力です。

クマに関するメニューも様々で、ダウンタイム期間や持続期間などを踏まえて、選ぶことができます。モニター価格の用意もあるため、お得に施術を受けたい方はぜひチェックしてみてください。

クリニック名ガーデンクリニック
料金ヒアルロン酸注入】
132,000円
ニュープレミアムオートファイバー

440,000円
マイクロCRF

165,000円
PRP法

330,000円
4Dアイリフト

165,000円
スマイルリフトアイ

88,000円
レーザーフェイシャル

33,000円
ピコレーザー

11,000円
【イオン導入】

33,000円
【下瞼脱脂法】
330,000円
全国院数全国8院
支払い方法・現金
・クレジットカード
・医療分割
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

まとめ

まぶたのたるみは、加齢に伴い進む場合がほとんどですが、喫煙や電子機器の過度な利用など、生活習慣によっても引き起こされます。

見た目の変化だけでなく、頭痛や自律神経の乱れなど、生活に支障をきたすような症状が現れる場合があるため注意が必要です

一度たるんでしまったまぶたは自己改善することが難しいため、美容クリニックで手術をしてもらい、若々しい目元を手に入れましょう。

※本記事の情報は2022年8月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
品川美容外科
東京美容外科
城本クリニック

目次