糸リフトの失敗例と原因を解説!糸リフトがおすすめの美容クリニック5選

年齢を重ねると頬のたるみやしわが気になってくる女性も多くなりますが、セルフケアでは改善するのは難しいといわれています。

そんな方におすすめなのが美容クリニックで施術ができる「糸リフト」です。

しかし、糸リフトにもシルエットリフトやショッピングリフトなど、さまざまな種類があり、どれを選べかわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、糸リフトの失敗例や失敗しないための対策から、糸リフトの効果やメリットなどを紹介していきます。

また、糸リフトがおすすめの美容クリニックをランキング形式で紹介するため、糸リフトの施術が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます

TCB東京中央美容外科

東京美容外科

品川スキンクリニック

共立美容外科

聖心クリニック
施術名LUPINUSスレッドオルチャンリフト美肌アモーレショッピングリフトアンカーリフト
料金13,800円〜11,000円〜9,900円〜33,000円27,500円
両側12本
キャンペーン・LNEクーポン配布
・期間限定クーポン
・初回価格あり
・モデル制度あり
・学割あり
・モニター制度あり
・ポイント制度
・LINEクーポン
・モニター募集あり
全国院数77院18院38院26院10院
カウンセリングありありありありあり
おすすめポイントクーポン・割引が豊富
低価格で試しやすい
医療事故ゼロの実績
入れ放題プランあり
安心のアフターサービス
お試ししやすい初回価格
老舗クリニック
勧誘なし
高品質な医療を提供
オンライン診察
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。
目次

糸リフトの効果とは?

糸リフトは、頬のたるみやほうれい線が気になる方におすすめの施術ですが、実際にどのような効果があるのでしょうか。

糸リフトとは、時間が経つと体内に吸収される特殊な糸を、皮膚の下から通すことでリフトアップ効果が期待できる施術です。

フェイスリフトのように顔にメスを入れないため施術時間も短縮され、ダウンタイムもフェイスリフトよりも軽減され、傷跡も目立ちにくいのが特徴です。

それでは、糸リフトの効果について解説していきます。

ほうれい線・しわ・たるみの改善

糸リフトは特殊な溶ける糸によって、物理的に皮膚を引き上げる施術です。そのため、年齢とともに生じたたるみの改善が期待できます。

また、たるんだ皮膚を引き上げることで、ほうれい線やしわの解消にもつながるため、見た目が一気に若返って見えます。

糸リフトをすることで、年齢による下がってくるたるみや脂肪を糸で支えるため、たるみにくくなる効果も期待できます。

また、たるみやしわだけではなく、顎下の脂肪や二重あごにお悩みの方にも効果が期待できます。個人差はありますが、首のたるみにも有効でしょう。

リフトアップで小顔効果

糸リフトによって、皮膚を持ち上げることで頬がリフトアップされ、小顔効果に繋がります。

また、フェイスラインがはっきりして、顔に立体感ができることで痩せたように見られるケースもあります。体内に入れた糸が細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促すため、細胞が活性化して肌にハリやツヤを高める効果も期待できます。

たるみやしわ以外にも肌のハリなどの若々しさがないのがお悩みの方にもおすすめの施術です。

効果の持続期間は糸の種類によって異なる

スクロールできます
項目シルエットリフトテスリフトVOVリフトショッピングリフト
持続期間2〜3年2〜3年2〜3年半年〜1年
素材PLLA/PLGAPDOPCLPDO
特徴持続期間が長い
立体的なリフトアップ効果が期待できる
持続期間が長い
引き締め効果が期待できる
持続期間が長い
ダウンタイムが少なめ
ダウンタイムが短い
肌改善の効果が期待できる

上記の表のように使用する糸の種類によって、皮膚を持ち上げる力や効果の持続期間が異なります。平均すると持続期間が1〜2年の糸リフトが多くなります。

糸を入れてからゆっくり時間をかけて体内に吸収されていき、糸の吸収後もリフティング力が長期間持続するものもあります。

効果が薄れてきたら、再度糸リフトの施術を受けることで、また効果を維持することができます。

また、糸を挿入する本数によっても持続期間や見た目が変わるため、自身のなりたいイメージや悩みを事前にカウンセリングで相談し、目的に合わせた施術を選びましょう。

たるみを改善したい目的がある方にはシルエットリフトがおすすめです。

シルエットリフトは、糸についているトゲをつかって、より強力に皮膚を引き上げられるため、たるみの改善にも効果が期待できます。

糸リフトの7つの失敗例と原因

糸リフトは、糸を使用して皮膚を引き上げるため、たるみやしわを改善する効果が期待できる施術です。

しかし、糸リフトは顔に糸を挿入する難易度の高い施術であるため、不自然な表情になる、肌の表面が凸凹になる、糸が透けて見えてしまうなど、失敗例もいくつかあります。

7つの失敗例と原因について詳しく解説していきます。

糸の引き上げが強すぎると不自然な表情になる

糸リフトでの失敗例で、糸の引き上げが強すぎるのが原因で、不自然な表情になってしまうケースがあります。

糸の特性が患者様の肌に合っていないと、糸の向き・硬さなどによって表情が不自然になってしまいます

適度な力で皮膚を引き上げるのが通常の糸リフトですが、強く引き上げてしまうと、つっぱり感など、皮膚に違和感が残ってしまい、表情筋を動かすときに不自然になってしまうことがあります。

引き上げが強くなってしまうのは、医師の技術不足が原因です。場合によっては、ひきつれ以外にも左右差が出てしまうこともあるため、注意が必要です。

糸を挿入する深さが一定ではないと肌の表面が凸凹になる

糸を挿入する深さが一定でないために、肌の表面が凸凹になる場合もあります。これも、医師の技術不足が原因でしょう。

とくに、突起が大きい糸を使用したときに症状が起きやすい傾向があります。

糸リフトでは、糸の向きや角度など、細かい調整をすることが大切です。

この肌の表面が凸凹の症状は、1〜2週間程度で収まることが多いですが、数週間たっても症状がよくならない場合は、クリニックに相談して診察してもらいましょう。

まれに、アレルギーによってシコリや腫れなどの症状が出る場合があります。糸リフトの場合は、異物によるアレルギー反応が起きる可能性があり、通常のアレルギー反応とは少し異なります。

浅い層に糸を挿入すると糸が透けて見えてしまう

糸リフトを入れたときに、糸を透けて見えてしまうことがあります。太い糸を使用したときに起こりやすく、皮膚の浅い層に挿入してしまい、透けて見えてしまうケースがあります。

皮膚の厚さは人それぞれのため、患者様にあわせて糸を挿入する技術が必要です。

また、強くマッサージをしまい糸が透けて見える場合もあるため、施術直後は皮膚を触りすぎないなど、優しく扱うように心がけましょう。

引き上げが足りないと肌がたるんで見える

医師との仕上がりイメージの食い違いが起きたり、糸リフトの挿入部位が適切でないことが原因で皮膚の引き上げが足りないと、理想と異なった仕上がりになる場合があります。

顔の脂肪が多い方だと、糸の力だけでは引き上がらないため、効果を感じられないケースもあります。

糸の固定時に毛根を傷つけてしまうことで髪の毛が禿げる

髪の毛の生え際から糸を挿入し、糸を固定するときに毛根を傷つけてしまうと、糸を入れた箇所周辺の髪の毛がなくなり禿げる場合があります。

糸の挿入が深すぎると施術後痛みが長く続く

通常のダウンタイムよりも、施術後の痛みが数週間以上、糸の挿入部や周辺の痛み、違和感、頭痛が続く場合は、糸の挿入が深すぎる可能性が考えられます。

あまりにも長引いている場合は、クリニックに連絡をして診察してもらう必要があります。

不衛生な環境の施術は感染症の危険も

不衛生な環境で糸リフトの施術を行うと、感染症を引き起こす危険があります。

他クリニックと比較しても圧倒的に低価格の場合は、衛生管理にコストをかけていない場合があるため、クリニック選びは重要です。

クリニックの公式サイトやカウンセリングで、衛生面について十分な説明をしていたり、配慮しているクリニックを選ぶことが大切です。

糸リフト施術で失敗しないための4つの対策

糸リフトは、医師の技術やクリニックの衛生管理が不十分などのさまざまなことが原因で、メージと違う仕上がりになってしまったり、感染症を引き起こすリスクもあります。

このような失敗を防ぐためには、主に4つの対策法があります。

  • 症例写真で仕上がりのイメージを医師と共有する
  • 実績豊富で信頼できる医師・クリニックを選ぶ
  • 治療内容や回数・料金の説明をしっかり受ける
  • カウンセリングで対応の丁寧さを確認

糸リフトの施術で失敗しないための対策法を4つ紹介します。

症例写真で仕上がりのイメージを医師と共有する

カウンセリング時に、希望のイメージに近い症例写真を医師に見せることで、仕上がりのイメージを共有できます。

言葉だけでは伝えにくいところも、症例写真があれば、わかりやすく医師にも伝えられるため、事前にクリニックの症例写真を確認しておきましょう。

実績豊富で信頼できる医師・クリニックを選ぶ

糸リフトは、医師の技術によって仕上がりに差が出てしまう可能性もある施術です。

そのため、失敗しないためには、実績が多くて信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大切です。

とくに、糸リフトや小顔整形の施術の経験が豊富な医師だと、さまざまなケースに対応しているため、安心して施術が受けられます。

医師の症例写真が多く掲載されているクリニックだと、判断しやすいためおすすめです。

治療内容や回数・料金の説明をしっかり受ける

糸リフトは、糸の種類や本数で金額が異なります。そのため、予算を決めている方は、無理のない範囲でできる治療内容や料金の説明をしてくれるクリニックを選ぶのもポイントです。

はじめに説明された料金以外に、あとから追加で請求されるケースもあるため、見積もりの時点で詳細な金額の説明があるかも確認しておきましょう。

アフターケアが充実しているか、保証内容や料金も把握しておくと、万が一トラブルがあったときに冷静に対応できます。

アフターケアがない場合、痛みや腫れが続くことがあっても診察してもらえずに、他のクリニックで対処することになってしまうかもしれないため、注意しましょう。

カウンセリング対応の丁寧さを確認

クリニックや医師を選ぶポイントとして大事なのが、カウンセリング時の対応が丁寧であるかどうかという点です。

患者様の悩みや目的にあわせて、適切な提案をしてくれるなど、患者様に寄り添った対応をしてくれるクリニックのほうが、安心して悩みや気になることは質問できるでしょう。

そのため、利用者も安心して通える環境かどうか判断することが大切です。

無料カウンセリングで、医師とクリニックの雰囲気も確認しておきましょう。

クリニックの公式サイトでは、実際の院内の雰囲気は判断が難しいため、自身が過ごしやすい環境であるか確認することは大事なポイントです。

糸リフトの3つのメリット

糸リフトには主にメリットが3つあります。

  • メスを使用せず糸でフェイスリフトが施術できる
  • ダウンタイムが少ない
  • 手術時間が短い

糸リフトのメリットについて詳しく解説していきます。

メスを使用せず糸でフェイスリフトが施術できる

糸リフトは、メスを使用せずにリフトアップができるため、顔にメスを挿入するのに抵抗がある方に向いています。

切開リフトは持続期間は長いですが、体への負担が不安な方にはおすすめできません。

糸リフトは、1か所の針穴から糸を挿入するため、傷跡が目立つ心配がないのが魅力です。

糸が体に残るのが不安な方は、時間の経過とともに少しずつ体内に吸収される糸を選べば、不安も解消されます。

ダウンタイムが少ない

糸リフトは、細い針を使用して皮膚を引き上げるため、切開リフトに比べて痛みも少なくダウンタイムも少ないのがメリットです。

そのため、施術後すぐにたるみやシワの改善が期待できたり、短期間で効果を実感できるケースが多いです。

糸の挿入はカニューレを使用するため、腫れや出血も最小限に抑えられます。個人差はありますが、美容整形に抵抗がある方でも気軽に受けられるのが糸リフトの魅力です。

手術時間が短い

糸リフトの施術時間は、30分〜1時間程度で終わるものが多いため、あまり時間が取れない忙しい方でも施術を受けられるメリットがあります。

本数によっては30分以内で終わる場合もあるため、短時間でシワやたるみを改善できる効果が期待できます。

そのため、時間がない中でも、顔のたるみや肌のハリなど手軽に改善したい方に向いているでしょう。

糸リフトの2つのデメリット

糸リフトのデメリットは、主に2つあります。

  • 効果の持続期間がフェイスリフト手術より短い
  • 医師の技術力によって仕上がりに差がある

糸リフトのよる失敗のリスクを減らすために、事前にデメリットを把握しておきましょう。

効果の持続期間がフェイスリフト手術より短い

糸リフトの効果の持続期間は、使用する糸にもよりますが約1年〜3年で効果が切れてしまう施術が多いです。

メスを入れるフェイスリフトの手術は、効果の持続期間が約5年〜10年のため、比較すると糸リフトは持続期間が短くなります。

早い方で半年ほどで効果が実感できなくなるため、繰り返し施術を受けなければ効果を持続するのは難しい点が、糸リフトのデメリットといえます。

医師の技術力によって仕上がりに差がある

糸リフトは、医師の技術によって、仕上がりに差が出てしまう場合があります。

糸リフトの施術の経験が浅い医師だと、糸の挿入箇所が適切でない場合に不自然なひきつれを起こしたり、肌が凸凹してしまう可能性があります。

そのため、糸リフトを受けるときの医師選びが大切です。

糸リフトがおすすめの美容クリニックランキング5選

糸リフトは、糸の種類や本数によっても、効果の持続期間など異なりますが、医師やクリニックによっても料金や取り扱っているメニューは違います。

糸リフトの施術が可能なクリニックがたくさんあり、どれを選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

糸リフトがおすすすめの美容クリニックをランキング形式で紹介します。施術メニューや料金、クリニックの特徴も紹介するため、ぜひクリニック選びの参考にしてください。

1位:TCB東京中央美容外科

出典:TCB東京中央美容外科
おすすめポイント
  • 症例モデルで最大50%OFF
  • 全国展開しており再来院が楽
  • 糸リフトを1万円台からお試し可能

は、はじめて糸リフトを受ける方でも利用しやすい料金設定なのが特徴です。

の「TCB小顔リフト」は、1本13,800円(税込)という料金設定です。独自のリフトアップ技術によって、スレッドリフトの糸よりも二分の一の細さを実現しています。

耐久性にも優れていて、長期の持続効果が期待できます。

定期的に治療を受けることで美肌再生・リフトアップ・たるみ予防のトリプル効果を長期間体感することができます。

ほかにもクリアファインリフトやTCB式小顔美肌再生糸リフトも取り扱っており、自身の悩み・目的や仕上がりのイメージにあわせた施術を選択できます。

糸の持続性や張力が強いのが特徴のTCB式小顔美肌再生糸リフトは、オーダーメイドプランです。自身の状態にあわせて、医師が溶ける糸と溶けない糸から適切なものを提案していただけます。

また、には、小顔整形のスペシャリストと呼ばれる医師が数人在籍しているため、技術面でも失敗されるリスクが少ないのもポイントです。

医師によっては、InstagramなどのSNSで症例写真を多数載せているため、仕上がりのイメージもしやすく、はじめての方でも不安を解消できます。

クリニック名TCB東京中央美容外科
料金【TCB小顔リフト(糸リフト)】
13,800円~
【TCB式小顔美肌再生(糸のリフトアップ)】
114,100円~
【クリアファインリフト(ミニ糸リフト)】

59,600円~(20本)
全国院数全国77院
支払い方法・現金
・デビットカード
・クレジットカード
・医療ローン
・スマホ決済
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

2位:東京美容外科

出典:東京美容外科
おすすめポイント
  • 業界トップの技術力
  • 初回限定価格がお得
  • 糸入れ放題プランあり

東京美容外科は、2021年12月時点で18年間医療事故ゼロの実績があるため、はじめての施術で不安な方にもおすすめのクリニックです。

東京美容外科のショッピングリフトは、吸収性のある極細糸を挿入してリフトアップをする施術です。肌のハリや毛穴の引き締めなどの肌質改善の効果も期待できます

糸を挿入して抜くだけの簡単な施術のため、施術時間も30分〜60分程度と短く、手軽に受けられます。

持続期間は1〜1年半と短めですが、ダウンタイムがほとんどないため、日々忙しくて休みを取れない方にもおすすめです。

また、東京美容外科では、月額7,900円(税込)※から利用できる糸リフト入れ放題プランのプリンセスリフトを提供しています。※一括払いの場合、385,000円(税込)

本数・引き上げレベルも選択できるため、自身の悩みにあわせて、理想のフェイスラインを医師がデザインしてくれます。

東京美容外科は、明確に料金を表示しているのも特徴です。表示金額から増えることはないため、予算を決めやすいのも魅力です。

クリニック名東京美容外科
料金【オルチャンリフト】
110,000円~
【ミントリフトⅡWink】
220,000円~
【ショッピングリフト】
2900円~
【テスリフト】

66,000円
【Gコグプレス】
55,000円
【糸リフト入れ放題】
385,000円~
全国院数全国18院
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・医療ローン
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

3位:品川スキンクリニック

出典:品川スキンクリニック
おすすめポイント
  • BMC会員で20%OFF
  • はじめての方限定メニューあり
  • 他メニューとの組み合わせが可能

は、リフトアップ効果と美肌効果を同時に実感できる美肌アモーレという糸リフトによる施術を提供しています。

施術時間は25分〜30分と短時間で施術ができるのが特徴で、あまり時間を取れない方にもおすすめの施術です。

また、ではダウンタイムに配慮していて、腫れや注射跡を最小限に抑えるために極細の注射針を使用しています。抜糸の必要がないため、通院回数も少なく済ませられます。

美肌アモーレのスタンダードとプレミアは、はじめて施術される方に向けてお得な料金設定がされています。そのため、少ない本数から施術したい方に向いています。

また、美肌アモーレには1年間の保障制度があるため、効果が認められない場合によっては再治療もできます。

美肌アモーレには、組み合わせ可能な施術もあります。

脂肪が多い方は脂肪溶解注射、シミも気になる方にはフォトシルクプラスなど、自身の悩みに適した施術を組み合わせることで、より悩みを根本から改善できる効果が期待ができるでしょう。

クリニック名品川スキンクリニック
料金【はじめての美肌アモーレ】
99,000円~(4本)
美肌アモーレ
183,590円~(4本)
全国院数全国26院
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・医療ローン
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

4位:共立美容外科

出典:共立美容外科
おすすめポイント
  • 最先端のコグを使用
  • 糸リフトのメニューが豊富
  • 糸リフト施術の技術力が高い

共立美容外科は、開院30年の歴史があるクリニックで、豊富な経験をもっている医師が多数在籍しているため、初心者の不安を解消してくれるクリニックです。

患者様に寄り添った対応をしてくれるため、わからないことや不安なことは納得いくまで相談することができます。

共立美容外科の糸リフトは7種類の糸を取り扱っていて、溶ける糸と溶けない糸どちらも選択できます

事前のカウンセリングを通して、患者様の目的や悩みにあわせて、最適なプランを提案しています。

共立美容外科では、糸リフトの治療にヒアルロン酸の併用をおすすめしています。

たるみやシワの改善目的で糸リフトをする場合は、ヒアルロン酸を注入することで、個人差はありますが満足度が得られる傾向にあります。

また、共立美容外科は、料金設定がわかりやすいため、予算を組みやすい点も魅力です。

手術費・治療費・薬代などすべて含めた見積書を作成します。見積書にかかれている料金以外はかからないため、わかりやすい料金設定です。

クリニック名共立美容外科
料金【テスリフトソフト】
66,000円~
【集中ケアリフト】
64,900円~
【シルエットソフト】
38,500円~
【スプリングリフト】

55,000円~
【ショッピングリフト】
33,000円~(10本)
【バーブツーアンカー】
38,500円~
【ボブリフトプレミアム】
55,000円~
全国院数全国26院
支払い方法・現金
・クレジットカード
・医療ローン
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

5位:聖心美容クリニック

出典:聖心美容クリニック
おすすめポイント
  • 自然で持続力の高い
  • 6種類の糸から自由に選択可能
  • 他人と顔を合わせないで通院可能

聖心美容クリニックは、糸リフトのメニューが豊富なのが特徴で、自身の悩みや目的にあわせてプランを選択できます。

人それぞれ顔の脂肪の量や骨格は異なるため、患者様にあった組み合わせを行うことに聖心美容クリニックはこだわりを持っています。

患者様の悩みや目的に応じて、仕上がりのイメージに近づけるように、複数の糸を使用した最適なプランを提案してくれます。静脈麻酔も用意しているため、痛みが不安な方にも向いています。

また、万が一、左右差が出てしまった場合は調整を行うことができると判断されたら、3か月以内は無料で糸の追加に対応しています。

クリニック名聖心美容クリニック
料金【アンカーPlus】
220,000円~(6本)
【アンカーDXダブル(バイニードル)】
220,000円~(2本)
【プレミアムディメンショナルリフト】
418,000円~(6本)
【スプリングスレッドリフト】

352,000円(4本)
全国院数全国10院
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・医療ローン
・QRコード決済
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

糸リフト施術の方法・流れ

糸リフト施術の方法・流れは次のとおりです。

  1. 無料カウンセリングを予約
  2. 施術日を予約
  3. 糸リフト施術当日
  4. アフターケア

スムーズに施術まで行うために、事前に流れを把握しておきましょう。

1:無料カウンセリングを予約

まずは、無料カウンセリングで、自身の悩みや仕上がりイメージを伝えます。肌の状態などにあわせて、施術で使用する糸の種類・本数、挿入する部位などを決定します

カウンセリングの際、施術について不安がある方は納得行くまで質問して不安を解消しておきましょう。

料金やアフターケアなども確認しておくと、万が一トラブルが起きたときに焦らずに対応できます。

2:施術日を予約

施術についての詳細が決まったら、施術日の予約をします。

クリニックによっては、当日施術も可能なケースがあるため、当日に施術を希望の方はカウンセリング時に申し出ましょう。

別日で施術を希望する方は、仕事の日程などを調整して予約しましょう。腫れや内出血が心配な方は、あらかじめ休みを調整しておくと安心できます。

3:糸リフト施術当日

施術料金は、施術前に支払いをすませるクリニックが多いです。支払い方法は事前にクリニックに確認しておきましょう

施術前に、まず洗顔やクレンジングをします。糸リフトは、麻酔後に施術を行います。痛みが不安な方には静脈麻酔など、さまざまな種類の麻酔を用意しているクリニックもあります。

麻酔後に施術を行います。極細の針で糸を皮膚に挿入していきます。皮膚を押される感覚がありますが、麻酔が効いているため痛みはほとんど感じないでしょう

施術時間は約30分〜1時間を目安にしておきましょう。

4:アフターケア

施術後は、クリニックによって異なりますが、鎮痛薬などを処方されます。施術後の生活は、副作用やダウンタイムを少なくするためにも、医師からの指示に従いましょう。

施術後はそのまま帰宅できてすぐにメイクも可能です。糸を挿入した部位や周囲が腫れる可能性がありますマスクを用意しておくと周囲の目も気にならないため、おすすめです。

医師から説明を受けた日数よりも、腫れなど引かない場合は、クリニックに相談しましょう。

糸リフトの失敗に関するよくある質問

以下では、糸リフトの失敗に関するよくある質問を紹介します。

糸リフト施術後に痛みを強く感じたら糸を抜くことはできますか?

スレッドリフトなど、部位から小さい範囲を切開して抜くことはできますが、トゲのような引っ掛かりのついているタイプの場合は、抜くことが難しいケースもあります

痛みを強く感じて不安な場合は、早めにクリニックに相談しましょう。

糸リフトのダウンタイムはどのくらいの期間ですか?

個人差はありますが、約1週間〜2週間程度で腫れや傷跡が目立たなくなってきます。

毎日お仕事などで忙しくて休みが取れない方は、糸リフトのなかでもダウンタイムが軽減されている糸を取り扱っているクリニックもあるため、ダウンタイムが少ない施術を選ぶのが適切です。

糸リフトの施術後に日常で気をつけることはありますか?

糸リフトでは、腫れや内出血といった症状が出る場合があります。そのため、施術後は、顔にあまり触らない・マッサージのしすぎないことが大切です。

医師がダウンタイム中の過ごし方を指示してくれるため、指示に従って施術後の生活を過ごしましょう。万が一、腫れや痛みがよくならない場合は、クリニックに相談して診察をしてもらって不安を解消してください。

まとめ

この記事では、糸リフトの失敗例や原因、おすすめのクリニックを紹介しました。

糸リフトの施術で失敗しないが不安な方は、経験豊富な医師や、患者様に丁寧な対応をしてくれるクリニックを選ぶことで、失敗のリスクを減らすことができます。

気になるクリニックを見つけたら、事前に公式サイトの症例写真やクリニックの口コミを調べると、判断しやすいためおすすめです。

また、クリニックによってもアフターケアや保証内容は異なるため、カウンセリング時に確認することで、万が一トラブルが起きたときでもスピーディに対応できます。

糸リフトの施術には失敗例もありますが、シワやたるみなどを改善できるメリットも多いです。

そのため、自身の目的や悩みにあわせて、糸リフトの施術ができるクリニックを選ぶことで、肌の悩みなどを改善できる効果が期待できます。

※本記事の情報は2022年9月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
TCB東京中央美容外科
東京美容外科
品川スキンクリニック

目次