MENU

小鼻に角栓ができる原因とは?角栓の取り方やおすすめのケア方法を徹底解説します!

肌悩みの中でも常に上位を占めるのが、小鼻の角栓です。小鼻の角栓は黒ずみやすいため、目立ってしまいやすく気になる方も多いのではないでしょうか。

また、小鼻の角栓は除去しづらいものです。ついつい爪で押し出してしまいがち。

しかし、小鼻の角栓を無理やり取ろうとしてしまうと、さらに毛穴が開いて角栓が詰まりやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

今回の記事では、毛穴に角栓ができる原因や肌トラブルとなる生活習慣、実際に角栓をケアする正しい方法について解説します。

ダーマペン治療がおすすめのクリニック

スクロールできます

品川美容外科

東京美容外科

TCB東京中央美容外科

クリニックフォア
ダーマペン4
料金
17,270円〜
※顔全体
16,500円〜 19,800円〜
※顔全体
22,000円〜
ヴェルベットスキン
料金
19,440円〜38,500円24,800円44,000円〜
オプションプラセンタ
ヒアルロン酸
麻酔クリーム
SRSリジェスキンマスク
アスコルビン酸
グロスファクター
ボトックス
ヒアルロン酸
ビタミンC
ホワイトニング美容液
保証ありありありあり
キャンペーン学割ありモニター価格LINEクーポン
モニター価格
プレセンタ注射
カウンセリング無料無料無料無料
全国院数39院13院77院3院
おすすめポイント細かい範囲指定
お得な料金
18年間医療事故ゼロ
アフターケア無料
医師のレベルが高い
業界最安値水準
オンライン予約あり

回特典がお得
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。
目次

そもそも角栓とは何?

そもそも角栓とは何なのでしょうか。まずは、角栓の正体について探っていきましょう。

人間の皮膚は、ターンオーバーという働きによって皮膚表面に溜まった垢や角質を常に排出しています。ターンオーバーとは、皮膚が生まれ変わっていくサイクルのことです。

しかし、生活習慣の乱れなどによってターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、本来であれば排出されるべき垢や角質が皮膚表面にどんどんと溜まっていってしまいます。

皮膚表面に残った角質が分泌された皮脂と混じり合うことで、毛穴の中で溜まってしまい皮膚表面に蓋をしてしまいます。毛穴は皮膚表面から少しくぼんでいるため、皮脂や角質、垢などの物質がもともと溜まりやすい構造になっているのです。

このように、角栓の正体は角質と皮脂が合わさって、毛穴の中で固まってしまったものなのです。毛穴の中でガッチリと固まってしまうと、落とそうとしてもなかなか落としづらくなってしまいます。

そのため、生活習慣やターンオーバーの乱れを改善することで、角栓が毛穴に溜まりにくくなり毛穴汚れを予防することができます。

【毛穴改善】気になる鼻の角栓除去には美容医療のダーマペンがおすすめ!

毛穴汚れを改善する方法はセルフケアで行うか、専門的な美容医療を利用するのが一般的です。

セルフケアで行う方法は簡単に始められるのが大きなメリットです。しかし、適切な治療方法が分かりづらく効果を出すのが難しい傾向にあります。一方で、美容医療は正しい知識を持った医師が適切な施術を行ってくれるため、肌の悩みを改善できる可能性が高いことがメリットになります。

そのため、「いちご鼻や毛穴汚れを絶対に改善したい」という方は、美容医療で治療を考えるのがおすすめといえるでしょう。

中でも「ダーマペン」は、いちご鼻改善に高い効果が期待できると今話題の美容医療です。ここからは、ダーマペンの効果について解説していきます。

ダーマペンの毛穴への効果

ダーマペンは、極細の針で肌に穴をあける治療方法です。

自然治癒力を高めることで、多くのコラーゲンやエラスチンが分泌され、ターンオーバーを促進します。さらに、美容クリニックで行うダーマペン治療では、美容液を注入し肌質を改善するためニキビや毛穴の開きに高い効果が期待できるといわれています。

また、ダーマペンでは小じわや肌のハリの改善など、多くの肌の悩みに効果が期待できます。そのため、毛穴汚れだけでなく様々な肌トラブルに悩まされている方にもおすすめの治療方法といえます。

角栓の除去におすすめのダーマペン施術が評判の美容医療クリニック3選

ダーマペンには市販のものもありますが、美容成分の注入や高い技術力を持つクリニックでの施術のほうが高い効果が期待できます。

ダーマペンの使用を考えてる方は、これから紹介する3つのクリニックを参考にしてまずはクリニックでの施術を考えてみてください。

ダーマペン治療がおすすめのクリニック

スクロールできます

品川美容外科

東京美容外科

TCB東京中央美容外科

クリニックフォア
ダーマペン4
料金
17,270円〜
※顔全体
16,500円〜 19,800円〜
※顔全体
22,000円〜
ヴェルベットスキン
料金
19,440円〜38,500円24,800円44,000円〜
オプションプラセンタ
ヒアルロン酸
麻酔クリーム
SRSリジェスキンマスク
アスコルビン酸
グロスファクター
ボトックス
ヒアルロン酸
ビタミンC
ホワイトニング美容液
保証ありありありあり
キャンペーン学割ありモニター価格LINEクーポン
モニター価格
プレセンタ注射
カウンセリング無料無料無料無料
全国院数39院13院77院3院
おすすめポイント細かい範囲指定
お得な料金
18年間医療事故ゼロ
アフターケア無料
医師のレベルが高い
業界最安値水準
オンライン予約あり

回特典がお得
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。

品川美容外科

出典:品川美容外科
おすすめポイント
  • 丁寧でわかりやすいカウンセリング
  • 施術メニュー・オプションが豊富
  • お試ししやすい初回限定メニュー

品川美容外科は、美容医療歴34年の老舗美容医療クリニックです。

会員割引の他に、初回限定価格が豊富に用意されており、ダーマペンが業界最安クラスの全顔17,270円(税込)で施術できます。

ダーマペンには豊富なオプションメニューが用意されているため、自身に合わせたオリジナル性の高い施術を行えるのが大きな魅力です。

クリニック名品川美容外科
施術メニューダーマペン4
料金頬のみ
12,960円
【全顔・首】
17,270円
【顔+首】
32,400円
【5cm×5cm】
10,800円
【目の下+目尻】
5,500円
【ヴェルベットスキン】
24,000円
営業時間10:00〜20:00
※院によって異なる
全国院数全国39院
初回カウンセリング無料
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・スマホ決済
・スマホ後払い
・医療ローン
※料金は全て税込表示です。

東京美容外科

出典:東京美容外科
おすすめポイント
  • 開院以来医療事故ゼロ
  • 自由な薬剤アレンジ
  • 業界NO.1の安心保障制度

東京美容外科は開院以来医療事故ゼロを誇る、トップレベルの安全性と技術力が魅力のクリニックです。

ダーマペンでは、通常の施術のほか「ヴェルベットスキン」「フィロルガ注射」「スキンボトックス」「リジュラン」と豊富なメニューから自身に合った治療を受けられます。

東京美容外科は、技術力を担保するため料金は少し高めに設定されていますが、ダーマペンは16,500円(税込)とリーズナブルな価格が設定されています。そのため、安全性を重視する方や料金をなるべく抑えたい方までおすすめのクリニックといえるでしょう。

クリニック名東京美容外科
施術メニューダーマペン4
料金【ダーマペン4】
顔:16,500円
3cm×3cm:4,400円
【フィロルガ】
38,500円
【ヴェルベットスキン】
328,500円
【スキンボトックス】
42,900円
【リジュラン】

44,000円
営業時間10:00〜19:00
※院によって異なる
全国院数全国18院
【ダーマペン4が施術可能な院】
新宿院/梅田院/銀座院/青森院/秋田院/仙台院/大宮院/横浜院/福山院/福岡院/沖縄院/赤坂院/ 名古屋院
初回カウンセリング無料
支払い方法・現金一括
・医療分割
・デビットカード
・クレジットカード
・コード決済
※料金は全て税込表示です。

TCB東京中央美容外科

出典:TBC東京中央美容外科
おすすめポイント
  • 豊富な症例数
  • お得な複数回コースあり
  • クーポンやキャンペーンが豊富

TCB東京美容外科は全国に72店舗を展開しており、来院しやすさが魅力のクリニックです。

ダーマペン治療では最新の「ダーマペン4」を使用するほか、「ヴェルベットスキン」「ハイドラフェイシャル」「フィロルガ注射」とダーペンと合わせてさらに専門的な施術が行えます。

症例モデル募集やキャンペーンが頻繁に行われているため、お得に美容医療を受けられる機会も豊富でまずチェックしておきたい美容医療クリニックといえるでしょう。

クリニック名TCB東京中央美容外科
施術メニューダーマペン4
料金全顔
19,800円〜
【肘上、背中上部、背中下部】
29,800円〜
【ヴェルベットスキン(コラーゲンピール)】
24,800円〜
営業時間10:00〜19:00
※院によって異なる
全国院数全国77院
【ダーマペン4が施術可能な院】
新宿三丁目院/仙台駅前院/梅田大阪駅前院
初回カウンセリング無料
支払い方法・現金一括
・デビットカード
・クレジットカード
・医療ローン
※料金は全て税込表示です。

毛穴に角栓(いちご鼻)ができる主な6つの原因とは?

毛穴に角栓ができてしまう原因について紹介します。角栓ができる、あるいはどんどん増えていく原因は、あなた自身の習慣にあるかもしれません。

毛穴に角栓ができる原因として、よく知られているのは次の6つです。

  • ターンオーバーの乱れ
  • メイクや肌の汚れを落とせていない
  • 皮脂の過剰分泌
  • 乾燥
  • 洗顔のしすぎなど間違ったスキンケア
  • 生活習慣の乱れ

これらの原因に心当たりがある方は、自分自身の習慣が毛穴の黒ずみを増長させてしまっている可能性があります。

6つの原因について、それぞれ詳しく解説していきましょう。

ターンオーバーの乱れ

1つ目の原因は、ターンオーバーの乱れです。ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わるサイクルのことです。

皮膚はターンオーバーの働きによって、常に古い角質や垢を排出しています。皮膚表面にできてしまったニキビなどのできものが徐々に治っていくのは、ターンオーバーの働きによって皮膚がどんどん新しくなっていくからです。

皮膚のターンオーバーは、およそ6週間のサイクルで起こるといわれています。

ただし、年齢を重ねるごとにサイクルはどんどん長くなり、皮膚が再生されづらくなっていきます。年齢を重ねると傷が治りにくくなるのは、ターンオーバーが長くなることが原因です。

ターンオーバーが乱れる原因は、加齢だけではありません。

例えば、紫外線によるダメージや乾燥なども原因のひとつです。紫外線によるダメージを受けたり、保湿不足で肌表面が乾燥したりすると、肌の内部をダメージや乾燥から守ろうとしてターンオーバーのサイクルが早まります。

ターンオーバーの時間をかけずに作られた角質細胞は、大きさが不揃いだったり形が十分に整っていなかったりするため、肌のキメが乱れてしまいます。

また、生活習慣の乱れもターンオーバーを乱す大きな原因です。

こういった原因によりターンオーバーが乱れると、小鼻にも角栓がとても溜まりやすい状況になってしまうのです。

メイクや肌の汚れを落とせていない

「メイクを落とすのも忘れて寝てしまった」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

メイクや肌の汚れをきちんと落とせていない状態は、毛穴の角質が非常に溜まりやすい状況といえます。

メイクや肌の汚れが肌表面に残っていると、肌表面がファンデーションなどの化粧品や汚れでふさがっている状態になります。そのため、古くなった角質や垢も排出することができなくなり、汚れがどんどん肌表面に溜まってしまいます。

また、最も気を付けたいのはメイク落としや洗顔の工程です。

しっかりメイクや肌表面の汚れを落とせていないと、肌表面の毛穴はふさがったままです。

そのため、せっかく洗顔をしていたとしても、きちんと落とせていなければメイクを落とさないまま寝ていることと同じ状態になります。

皮脂の過剰分泌

皮脂の分泌量は、人によってかなり差があります。

しかし、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまっている方は、その生活習慣に問題があるかもしれません。

皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまう原因として考えられるのは、食生活の乱れと過剰な洗顔です。

脂質の多い食生活をしていると体内にある脂肪の量が増え、なんとか排出しようとして皮膚表面から皮脂として分泌されます。そのため、皮脂の過剰分泌が起こるというしくみです。

また、皮脂が気になるからと言って必要以上に洗顔を行い、皮脂を取り除きすぎるのも逆効果です。

皮膚表面には適切な皮脂の量があるので、それを取り除きすぎてしまうと皮脂が足りないと体内が判断し、皮脂の分泌を促す信号を出してしまいます。

このように、皮脂が過剰に分泌されると肌表面がたくさんの皮脂で覆われ、角質や垢が排出されにくい状態になるということです。

乾燥

皮膚の乾燥もまた、皮脂の過剰分泌と同様に角栓が詰まる原因となります。

速いペースのターンオーバーで作られた角質は、いわば未成熟の状態です。未成熟の角質は、形が不揃いであるだけでなく、適切な時期に剥がれ落ちるという機能も未成熟のままです。

そのため、必要なタイミングできちんと剥がれ落ちることができず、肌表面のくぼみである毛穴部分に角栓として溜まっていきます。

また、肌の乾燥は皮膚表面に対してさまざまな悪影響を及ぼします。皮膚が乾燥していると外からのダメージを受けやすくなるので、潤った状態の肌と比べると紫外線や大気の汚れなどをより吸収してしまいやすい状態です。

肌が乾燥していると良いことは一つもないので、どの季節でもとにかく保湿を心がけてください。

洗顔のしすぎなど間違ったスキンケア

毎日行っているスキンケアですが、自信を持って正しい洗顔の方法を知っているという方はそんなに多くはないと思います。間違ったスキンケアは、継続的に肌へダメージを与えてしまいます。

よくある誤ったスキンケアの方法は、洗顔をしすぎる、熱いお湯ですすぐ、シャワーを直接顔に当てる、保湿が十分でない、肌をこすってしまう、などです。

洗顔をしすぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまって皮脂の過剰分泌や肌の乾燥を招きます。

熱いお湯でのすすぎやシャワーを直接顔に当ててのすすぎは、皮膚表面へのダメージが大きくしわやたるみ、乾燥など多くの肌トラブルを引き起こします。

不十分な保湿は言わずもがな肌の乾燥を引き起こしますし、肌への刺激もしわやたるみなどの肌ダメージの原因となります。

スキンケアは、とにかく肌に負担をかけずに適切なタイミングで行う必要があります。

基本的には朝と夜の2回、肌をこすらないように洗顔をしてぬるま湯できちんとすすぎ、丁寧に保湿を行っていれば問題ありません。

継続的な肌ダメージは、あらゆる悪影響を与えて小鼻の角栓も増長させてしまいます。健やかな肌を保つためにも、日々のスキンケアを大切にしましょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、身体の各箇所にトラブルを引き起こします。小鼻の角栓もそのひとつです。

生活習慣の乱れは、皮膚のターンオーバーを乱す大きな原因となります。身体に必要な栄養素がきちんと摂れていないと、必要な栄養素が皮膚まできちんと届かなくなり、ターンオーバーが乱れます。

さらに、睡眠時間の少ない生活や不規則ない生活を続けていると、肌のターンオーバーも不規則になってしまいがちです。

生活習慣が乱れると肌荒れするのは、ターンオーバーのサイクルが乱れることが原因です。

肌トラブルの元となる生活習慣の乱れ

「生活習慣の乱れ」とひとくちにいっても、睡眠・運動・食事とさまざまです。ここでは、肌トラブルの元となる生活習慣を具体的に紹介していきます。

肌トラブルに大きく関わっているといわれる習慣は、「睡眠不足」と「動物性たんぱく質や脂質の過剰摂取」です。

これらの生活習慣が肌にどのような影響を及ぼしているのか、詳しく解説します。

睡眠不足

睡眠不足の状態が続いたり、毎日寝る時間が決まっておらず不規則な睡眠時間となったりしている場合は、成長ホルモンの分泌が不足します。

成長ホルモンの分泌が不足してしまうと、体内のバランスが乱れます。皮膚のターンオーバーが遅れてしまうのも、成長ホルモン不足がひとつの原因です。

ターンオーバーが遅れると、メラニン色素という物質が排出されず肌に残り続け、シミやくすみの原因となります。

さらに、角質が排出されないことで毛穴の黒ずみが起こったり、肌のごわつきの原因になったりすることもあります。

動物性タンパク質や脂質の過剰摂取

動物性タンパク質も脂質も、適切な量であれば身体に良い影響を及ぼします。しかし、過剰摂取をしてしまうと肌トラブルの原因につながってしまうので注意が必要です。

皮膚はタンパク質からできているので、適量のタンパク質は肌にとっても非常に大切です。

しかし、動物性タンパク質を摂りすぎてしまうと、吸収しきれなかったタンパク質がそのまま腸内に送られます。タンパク質が腸内に送られると悪玉菌の餌になってしまい、腸内の悪玉菌が増える原因となります。

腸内環境が悪化すると、消化吸収の働きが悪くなり肌にも栄養が行き届きにくくなります。そのため、結果としてニキビや肌の乾燥、角栓のつまりやくすみなどにもつながるといわれています。

また、動物性タンパク質や脂質の取りすぎは肌の糖化につながります。糖化とは、余分なタンパク質や脂質が糖と結びついて起こる現象です。

糖化が進むと、老化が促進される物質が生成され、皮膚や体内の老化が進みやすくなってしまいます。そのため、好きなものばかり食べていると周囲よりも早く老け込んでしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

角栓のケア・治療法

角栓の正体と、角栓ができてしまう原因が分かりました。ここでは、角栓ができるのを防ぐためにできるケアや治療の方法について解説します。

角栓のケアや治療方法として一般的に良いとされているのは、次の手順です。

  1. 温かいタオルで角栓をゆるめる
  2. クレンジングや洗顔で汚れを落とす

この手順に沿って毎日のスキンケアを行うことで、角栓のつまりを改善することが可能です。

具体的なやり方や手順について改めて解説しましょう。

温かいタオルで角栓をゆるめる

まずは、温かくした濡れタオルを用意します。このとき、顔はメイクや汚れがついたままの状態で問題ありません。一度濡らして水気を絞ったタオルを電子レンジで温めると、簡単に蒸しタオルができるのでぜひ試してみてください。

蒸しタオルの用意ができたら、適度な温度になるくらいまで冷まします。あまりに熱い蒸しタオルだと、やけどをしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

蒸しタオルの温度はだいたい50~60℃くらいがベストです。ずっと触っていられる程度の温度まで下がったら、優しく顔を包むようにして当てましょう。

基本的には2~3分程度顔に当て続けると毛穴が開きやすくなるといわれています。毛穴が開くとギッシリと詰まっていた角栓がゆるみ、角栓が取れやすい状態になります。

クレンジング・洗顔で汚れを落とす

蒸しタオルで毛穴を開き、角栓がゆるんだ状態になったところでクレンジングをします。

このとき、蒸しタオルをしてから時間が経ってしまうとまた毛穴が元の状態に戻ってしまうため、なるべく間を空けずにクレンジングに進みましょう。

クレンジング剤を顔全体に丁寧になじませます。ゆっくりと時間をかけながらなじませ、メイクを浮かせていきましょう。

クレンジングがなじんでメイクが浮いたら、ぬるま湯で洗い流します。ここで冷水や熱いお湯で流してしまうと、毛穴が元に戻ったり肌のダメージにつながったりしてしまうので気をつけてください。

きちんと全てのメイクが落ちたことを確認したら、洗顔に移ります。洗顔料が長時間肌にのっていると肌荒れの原因になることもあるので、なるべく短時間で洗い流すようにしてください。

また、洗顔料がきちんとすすげていない場合も肌荒れにつながります。十分すぎるくらいにしっかりすすいだら、水気を拭き取って保湿をしてください。

一度毛穴が開いている状態なので、しっかりと保湿をしないとまた角栓が溜まりやすい状態になります。

毛穴ケアをした日のスキンケアは、いつもより念入りに保湿をするよう心がけましょう。

クレンジングはどのタイプがおすすめ?

クレンジング剤には、オイルやバーム、ミルクなどのさまざまな種類があります。基本的にはどのタイプのクレンジング剤を使ってもOKですが、メイクの濃さに合っていてしっかりと洗浄力のあるものを選ぶとよいでしょう。

一般的に、クレンジングオイルやバーム、クリームなどは比較的洗浄力が高く、ジェルやミルク、ローションは優しい洗い上がりであることが多いです。

敏感肌の方は優しい洗い上がりのクレンジング剤や肌刺激の少ないものを選ぶのがベストです。

【皮脂・黒ずみ】毛穴の角栓が取れる!おすすめのセルフケアアイテム3選

毛穴の改善を自身で行う場合、どのような商品を利用するかが改善への大きなポイントとなります。

ここからは、角栓の改善に期待できるおすすめのセルフケアアイテムを3つ紹介します。

毛穴の詰まりにアプローチ「オバジ C25セラム ネオ」

販売会社ロート製薬
商品名C25セラム ネオ
内容量12ml
価格11,000円
公式サイト公式サイト
※料金は全て税込表示です。

「オバジ C25セラム ネオ」は、ロート製薬が販売する美容液です。一般的なビタミンCの数十倍の濃度を誇る「高濃度ビタミンC」が配合されているのが特徴です。

高濃度ビタミンCには高い抗酸化作用があり、肌質の改善や肌のキメの改善に大きく期待できます。

また、一般的な美容液では保管時にビタミンCが酸化してしまい、徐々に効果が薄れてきてしまいます。しかし、オバジでは遮光性の高いガラス瓶とスポイトを使用することで保管時のビタミンCが保たれ、安定した状態で肌に栄養を届けることができます。

オバジは「C5」「C10」「C20」「C25」の4段階からビタミン濃度が選べます。C25は、オバジの中でも最も濃度が高くなっており、毛穴だけでなく小じわやシミなど多くの肌悩みの改善に期待できるのも大きな魅力です。

メイク落としをしながら角栓除去!「TISS ディープオフオイル」

販売会社資生堂
商品名TISS ディープオイルN
内容量230ml
価格1,320円
公式サイト公式サイト
※料金は全て税込表示です。

「TISS ディープオフオイル」は、資生堂が販売するクレンジングオイルです。

マッサージして角栓を溶かし出すことで、毛穴に詰まった汚れをポロポロと落とせます。また、ザラつきや固まったニキビも同時に洗い落とせるため、イチゴ鼻や肌荒れなどに悩む方の中で今話題の商品です。

料金は、定価1,320円(税込)とリーズナブルな価格となっており、ドラッグストアですぐ手に入れられるのも大きな魅力です。男性や普段メイクをしない方でも利用できるため、症状が軽い方はまずTISS ディープオフオイルから試してみるのもおすすめです。

毛穴の悩みに特化!「シュウ ウエムラ フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル」

販売会社シュウ ウエムラ
商品名フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル
内容量150ml
価格3,850円
公式サイト公式サイト
※料金は全て税込表示です。

「クリア サクラ クレンジング オイル」は、クレンジングとして高い人気を誇るシュウウエムラが販売するクレンジングオイルです。

現在、シュウウエムラは複数のクレンジングオイルを発売していますが、クリア サクラ クレンジング オイルはその中でも高い洗浄力が人気の商品です。

シュウウエムラの定番商品である「アルティム8」と比較すると、洗浄力が高いパルミチン酸エチルヘキシルを主成分に使用しており、濃いメイクを落とすのにおすすめのクレンジングオイルといえるでしょう。

少量で馴染みやすく、毛穴の汚れや皮脂などもしっかりと落とせるため、毛穴改善に高い効果が期待できます。ただし、肌への負担はトウモロコシ胚芽油を使用したアルティム8に比べ高くなります。

そのため、メイクが濃い時はクリア サクラ クレンジング オイル、薄い時はアルティム8など、複数のラインナップを使い分けて使用するのがおすすめです。

洗顔する際に気をつけるべきポイント

洗顔の際は、肌に刺激を与えないようにとにかく丁寧にケアを行う必要があります。実は、正しい洗顔方法を守れている人は案外少ないものです。

洗顔をする際に気を付けるべきポイントは、主に次の3つです。

  • 強い力でゴシゴシこすらない
  • 弾力性のある泡で優しく洗う
  • 洗顔後は必ず保湿をする

これらのポイントについて、それぞれ詳しく解説していきます。

強い力でゴシゴシ擦るのはダメ

汚れをしっかり落としたいからといって、強い力でゴシゴシとこするのは絶対にNGです。そもそも、強くこすったからといって汚れが落ちやすくなるわけではありません。

毎日肌をこすりながら洗顔しているとかなりの肌ダメージになり、しわやたるみなどの老化に大きく影響してきます。

そのため、普段からとにかく肌に物理的な刺激を与えないよう、丁寧に洗い上げることが何よりも大切です。

また、保湿の際にしっかり成分をしみ込ませようと肌を何度もこすったり、肌を叩いたりしてはいけません。成分を効率よく肌に届けるためには、手の熱を利用してじんわり温めながら成分を入れ込むことが大切です。

肌に保湿剤をなじませたら、そのまま手のひらを顔において数秒待ちましょう。この際、手は全く動かさなくてOKです。

このやり方だと、肌に物理的なダメージを加えることなく、なおかつ効率的に肌に成分をしみ込ませることができます。

弾力性のある泡で優しく洗う

洗顔の際は、必ず洗顔料をきちんと泡立ててから肌にのせてください。肌刺激になるので、間違っても肌の上で泡立ててはいけません。

泡を顔に置いたら、手と顔が直接触れ合わないよう、泡だけを転がすイメージで優しく洗顔をしてください。クレンジングでメイクや汚れはある程度落ちているので、洗顔はこのくらい優しくても全く問題ありません。

ジェル洗顔やミルク洗顔の場合も同様に、肌の上にある洗顔料を感じながら、手が直接肌に触れない程度の優しさで洗顔を行いましょう。

洗顔後は必ず保湿

洗顔後の保湿はマストです。洗顔後の肌は水分が蒸発し、特に乾燥しやすい状態になっています。そのため、洗顔が終わったらすぐさま保湿に取り掛かるようにしましょう。

保湿は、導入化粧水→化粧水→美容液→乳液→クリームの順番

導入化粧水は次に使うアイテムの効果をより引き出せるよう、肌を整える化粧水です。

続いて使う化粧水は肌に水分を補給することを目的としているので、たっぷりと使いましょう。美容液で気になるところをケアしたら、乳液で水分の蒸発を防ぎます。最後にこってりとしたクリームで肌を保湿したら、スキンケアは終了です。

このようにきちんと保湿をすることで肌の乾燥が防げるので、毛穴の角栓も溜まりにくい状態に整います。

さらに朝のスキンケアであれば、クリームのあとに必ず日焼け止めを塗りましょう。紫外線は家の中にも降り注いでいるので、1日中家にいる日やメイクをしない日でも日焼け止めは必須です。

日焼け止めを塗るか塗らないかによって、将来の肌が大きく変わります。紫外線を吸収すればするほど老化も早まってしまうので、早いうちから対策を行いましょう。

角栓を作らせないための予防法

ここからは、角栓が作られないようにするための予防方法について紹介します。角栓を予防する方法は、主に次の5つです。

  1. バランスの良い食事を摂る
  2. 睡眠・休息をしっかりとる
  3. 化粧水などで保湿し肌の潤いを保つ
  4. ピンセットで無理やり角栓を取らない
  5. 洗顔のやりすぎには注意する

これらの5つを守れば、角栓のないつるつるな肌に近づくことができます。それぞれの具体的な方法について、詳しく解説します。

バランスの良い食事を摂る

バランスの良い食事を摂ることは、肌はもちろん全身の状態を良好にするために重要なことです。食事は自分の身体を作るものなので、身体に良い栄養素をバランスよく摂取しましょう。

また、食事は毎日同じ時間にきちんと3食食べることも大切です。毎日同じくらいの時間に食事をすることで、生活習慣が整ってターンオーバーのサイクルも正常化します。

昼と夜は自分に合った量をバランスよく、野菜やタンパク質などをしっかり摂るのがおすすめです。夜の食事はエネルギーを溜め込みやすくなるので、なるべく軽めにすると朝スッキリ起きられますし、朝の食欲も改善するかもしれません。

積極的に摂るべき栄養素

角質を防ぎ、美肌を保つために必要な栄養素はビタミンやミネラルです。

ビタミンにはさまざまな種類があります。ビタミンA、C、Eは抗酸化作用があり、しわやたるみなどを予防するといわれています。また、ビタミンBは新陳代謝に関わるので、肌のターンオーバーを正常化させる働きがあります。

ミネラルの中でも、特に亜鉛や鉄分が美肌にとって重要です。亜鉛は皮膚の健康を維持する働きがあり、鉄分は肌のくすみに効果があるといわれています。

睡眠・休息をしっかりとる

仕事で忙しい現代人も多いですが、睡眠休息の時間をきちんと確保するようにしてください。休日の寝だめは良くないので、毎日7~8時間はコンスタントに休める時間を取りましょう。

睡眠時間は、体内時計に大きく影響しています。睡眠時間が不規則になると体内時計も狂いやすく、睡眠時間が足りないと体内が正常に働かなくなります。

体内時計が正常になると、肌のターンオーバーも正常化されて美肌に近づきます。また、心身共に健康を保つためにも、睡眠はもちろん休息もしっかり取るように心がけてください。

化粧水などで保湿し肌の潤いを保つ

肌の保湿はとにかく重要です。洗顔後は特に、化粧水や乳液、クリームなどのアイテムを用いてしっかり保湿をしてください。

特に注意したいのは、皮脂の分泌が多めの「脂性肌」の人です。皮脂が多いからといって保湿を怠ってしまうと、油分は多くても水分が足りない状態になり逆効果です。

どんな肌質の方でもうるおいはとても大切なので、いつでも肌のうるおいが保たれている状態になるとベストです。

エアコンや外気で乾燥してしまうことも多いので、メイクの上から吹きかけられる化粧水などを常備するのもおすすめです。

ピンセットで無理やり角栓を取らない

ピンセットや指で無理やり角栓を取るのはご法度です。そのときは良いかもしれませんが、毛穴がぽっかりと開いてさらに角栓が詰まりやすくなります。

長い目で見るなら、無理やり角栓を取ることは絶対に辞めましょう。

洗顔のやりすぎには注意する

洗顔のし過ぎは、肌ダメージや乾燥に繋がってしまいます。洗顔は基本的に朝と夜の1日2回に留めておきましょう。

朝と夜の洗顔だけでしっかりと肌の汚れは取れますし、皮脂の取りすぎもよくないので気を付けてください。日中どうしても皮脂が気になるようであれば、あぶら取り紙やティッシュで拭き取るのがよいでしょう。

角栓に関するよくある質問

ここからは、角栓に関するよくある質問について解説します。鼻の角栓に関する疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

鼻パックを使って角栓を除去しても大丈夫ですか?

鼻パックでの角栓除去は、パック後にしっかり保湿ができるのであればOKです。

基本的に鼻パックは無理やり毛穴を開いて角栓を除去するので、肌への負担が大きいのです。

パック後は毛穴が大きく開いた状態になるので、何もしなければより角栓が溜まりやすい状態になってしまいます。

そのため、鼻パック後はかなり念入りに保湿をする必要があります。最近では鼻パックと保湿剤がセットになっているものもあるので、そういった商品もチェックしてみてください。

鼻に角栓ができやすいのはなぜですか?

鼻は、顔の中でも特に皮脂腺の働きが活発な部位といわれています。そのため、皮膚のターンオーバーの乱れが起こりやすく、角栓が詰まりやすいのです。

まとめ

今回の記事では、鼻の角栓ができる原因や対処方法について解説しました。

鼻の角栓は、皮膚のターンオーバーの乱れや誤ったケアで悪化してしまうことがあります。そのため、生活習慣を整えて正しいケアを行うことで、時間はかかりますが角栓を改善することが可能です。

鼻の角栓ケアは、とにかく焦りは禁物です。無理やり角栓を取ろうとしても逆効果なので、日々のケアを丁寧に行って改善を試みましょう。

目次