MENU

韓国で大人気ハイフ(HIFU)の効果とは?ピーク時期や副作用・注意するポイントについて徹底解説!

ハイフ(HIFU)は、韓国を中心に広まり、今や日本国内の若い女性にも大人気のリフトアップ効果が規程できる美容施術です。

従来、筋膜近くからリフトアップするにはメスを使った美容整形手術しか方法がありませんでしたが、ハイフが登場し、超音波を使った施術でのリフトアップが可能となりました。

本記事では、ハイフの効果やメリット・デメリットを紹介していきます。ハイフを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめハイフクリニック

スクロールできます

品川美容外科

エミナルクリニック

TCB東京中央
美容外科
東京美容外科表参道メディカル
ハイフ料金29,800円29,500円24,800円55,000円61,600円
キャンペーン初回100ショット
お試し10,780円
初回100ショット
お試し9,800円
LINE友達登録
最大5万円の施術券
初回限定
55,000円
初回400ショット
61,600円
カウンセリング無料無料無料無料無料
使用機器タイタン
ソノクイーン
ダブロGOLD
UTIMASA ソノクイーンウルトラセルQ+
ソノクイーン
(大阪はなし)
ウルトラセルQ+
保証制度安心価格保証期間延長施術保証
返金制度
術後安心保証
おすすめポイントハイフの種類が豊富
初心者お試し価格
初心者お試し価格モデル価格12,400
割引制度が充実
全顔1回でおよそ400ショットウルトラセルQ +使用
ハイフメニューが豊富

詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。
目次

たるみや肌質改善に効果あり!ハイフ(HIFU)

従来、筋膜近くからリフトアップするにはメスを使った美容整形手術しか方法がありませんでした。

しかしハイフが登場し、超音波を使った施術でのリフトアップが可能となりました。ハイフは「メスのいらないフェイスリフト」などとも呼ばれています。

リフトアップ以外にもさまざまな効果があり、まとめてお伝えすると次のとおりです。

  • 顔全体のたるみ改善
  • シワやほうれい線の改善
  • 肌のハリや弾力の改善
  • 毛穴や美白の改善
  • 皮膚の深層部分からのリフトアップ
  • 皮下脂肪減少による小顔効果

リフトアップ以外にも気になる効果が見つかった方は、本記事を参考にハイフの理解を深めてみましょう。

ハイフ(HIFU)とは?

まず、ハイフについての基本的な知識を解説します。

  • ハイフの施術内容
  • ハイフの施術時間

「ハイフってなに?」「どんな施術なの?」このように思っている方や名前は聞いたことあるけど詳しく知らないような方は、是非参考にしてください。

高密度焦点式超音波というリフトアップ施術のひとつ

ハイフは「高密度焦点式超音波」と呼ばれるリフトアップ施術のひとつです。

ハイフでは、皮膚深層部分〜筋膜にかけて超音波を照射し、組織の温度を上昇させます。焦点を合わせて照射するので、部分的な施術が可能です。

照射した組織が60以上の温度に上昇すると、タンパク質が変性し始め組織がギュッと縮みます。このように皮下組織〜筋膜が引き締まることで肌にハリが出るのです。

上記の効果はハイフの施術を受けた直後に感じられます。

施術から約3ヶ月後、ギュッと縮んで破壊された組織が修復しようと新しい細胞を生み出し皮膚深層に新たなコラーゲンが生成され、肌の弾力改善やたるみ解消につながるという原理です。

ハイフ(HIFU)の施術時間は30分程度と短い

ハイフの施術時間は30分程度と短く、体への負担が少ない施術です。

部位や範囲によって施術時間が変わることがありますが、比較的短時間で施術が完了します。ただし、使用する機器によって照射時間が異なる可能性があるため、前後に予定を入れている方は、想定時間を確認しておきましょう。

ハイフ(HIFU)の効果とは?

「ハイフが流行っているけど実際どんな効果があるの?」このような疑問がある方も多いのではないでしょうか。

ハイフには、次のようにさまざまな効果があります。

  • シワの改善
  • たるみの改善
  • ほうれい線の改善
  • 二重アゴなどの改善
  • 肌質・弾力の改善

シワやたるみの改善でリフトアップが期待できることは有名ですが、肌質や肌の弾力の改善も期待できます。

ハイフの詳しい効果について確認していきましょう。

シワ・たるみ・ほうれい線・二重アゴなどの改善(リフトアップ効果)

ハイフが人気の理由は、シワ・たるみ・ほうれい線・二重アゴなどを改善させ、リフトアップが期待できる点です。

シワやたるみを改善させるには異なる深さの皮下組織を施術しなくてはいけませんが。

しかしハイフは照射するターゲット層をピンポイントで照射できるので、皮膚の内部までアプローチ可能です。

施術するターゲット層別に期待できる効果は次のとおりです。

ハイフのカートリッジターゲット層ターゲット層を施術して得られる効果
1.5mm真皮浅層肌質・毛穴の改善や美白効果・新陳代謝の促進
2.0mm真皮中層目周辺の垂水・リフトアップ・小ジワの改善
3.5mm真皮深層〜脂肪層たるみの改善
4.0mm筋膜皮膚の深い部分からのリフトアップ効果

皮下組織を施術する方法としてレーザーや光治療、赤外線などは存在していましたが、「筋膜まで届かない・肌へのダメージが強い・特定の組織のみへの照射ができない」など複数デメリットがありました。

ハイフは、上記のようなデメリットを克服した施術です。

シワ・たるみ・ほうれい線・二重アゴなどを改善させてリフトアップしたい方だけでなく、肌への負担を最小限に抑えて施術を受けたい方にもおすすめできる治療法です。

肌質改善・弾力アップ

ハイフは、リフトアップ効果だけでなく肌質の改善・肌の弾力アップも期待できます。

皮下組織に超音波を照射することで、新たなコラーゲンやエラスチンが生成され、肌質の改善や肌の弾力がアップする原理です。

さらに、肌質や弾力の改善だけでなく、超音波から発生される熱の作用により肌の新陳代謝や血液の循環が活性化され透明感が上がるので、毛穴改善や美白効果も期待できます。

このように、シワやたるみなどを解消してリフトアップを期待するだけでなく、肌質や弾力、毛穴の改善まで期待できるので、肌表面の悩みがある方にもおすすめです。

ハイフ(HIFU)の効果はいつまで続くの?

ハイフは、美容整形手術と違い永遠に効果が持続するわけではありません。

ここでは、ハイフの効果がいつまで続くのかという点について説明します。

  • 効果が出始めるまでの期間
  • 効果の持続期間
  • 施術効果のピーク期間
  • 施術効果を高める方法

ハイフの施術を受けてどのくらいから効果が現れ始め、どのくらい継続するのか、あらかじめ確認しておきましょう。

効果が出始めるのはいつから?

ハイフには、「施術直後から期待出来る効果」と「数ヶ月後から期待出来る効果」があります。

施術直後に期待出来る効果は、次のとおりです。

  • 肌のハリ
  • 口角・頬・目元付近などのリフトアップ

ハイフは、超音波を照射した部分の皮下組織が縮むため、肌のハリ改善や口角・頬・目元付近のリフトアップ効果が施術直後から期待できます

美容整形手術でリフトアップする場合は、術後のダウンタイム期間があるので、腫れや赤みがひかないと効果を実感できませんが、ハイフには即効性があります。

「すぐに効果を実感したい!」というような方に最適な治療と言えるでしょう。

効果持続期間が半年〜1年ほど

ハイフの効果持続期間は、個人差もありますが半年〜1年ほどです。

美容整形手術とは異なり、効果が実感できる期間は限定されています。しかし、「ハイフの効果をもっと長期間実感したい」このような方も多くいますよね。

ハイフの効果をより得られやすくなる方法も解説しているので、出来るだけ効果を実感したい方は参考にしてください。

施術効果のピークは3か月〜半年ほど

ハイフの施術を受けると、直後に期待出来る効果に加えて、数ヶ月後に期待できる効果が実感できます。

施術効果のピークは約1〜3ヶ月ほどで、超音波を照射した皮下組織から生成されるコラーゲンによるハリ・ツヤの効果が期待できます。

ピーク時に期待できるハイフの効果をまとめると次のとおりです。

  • 顔全体のたるみ改善
  • シワやほうれい線の改善
  • 肌のハリや弾力の改善
  • 毛穴や美白の改善
  • 皮膚の深層部分からのリフトアップ
  • 皮下脂肪減少による小顔効果

施術直後〜半年の間に上記のような効果が実感できます。半年を過ぎてからだんだんと効果が薄れていくイメージです。

3か月〜半年に1回のペースで施術すると効果がより得られやすくなる

ハイフは3ヶ月〜半年で最大限効果を発揮し、その後徐々に効果が減少していきます。

そのため、3か月〜半年に1回のペースで施術すると効果がより得られやすくなります。

その理由は、皮下組織へ繰り返し超音波を照射することで、コラーゲンが再構築され、肌のハリや弾力が強化されるためです。

他にも、「ショット数を多くする・多くのショット数を照射できる機械を使用する」などの方法もありますが、合併症や副作用のリスクが高まるので、担当の医師と相談して決める必要があります。

ハイフの費用相場

「継続して施術をしたいけれど、料金によっては受けられないかも」という方のために、例として、湘南美容クリニックのハイフの料金を紹介します。

施術部位ショット数料金(税込)
頬・あご下410ショット24,000円
全顔(あご下・目元含む)650ショット29,800円
全顔と首830ショット39,800円
デコルテ240ショット29,800円
※価格・料金はすべて2021年12月時点のものです ※ウルトラセルQプラスの場合です

5ヶ月に1回施術するとして年2〜3回の施術なので、全顔の施術では年間59,600〜89,400円の費用がかかります。

美容整形手術の場合は、フェイスリフト手術に100万円近くかかる場合もあるので、ダウンタイムのリスクや私生活への影響を考慮すると比較的お手頃な価格ではないでしょうか。

【注意】ハイフ(HIFU)の施術は必ず医療機関で受けよう

ハイフの施術が原因で神経を損傷してしまったケースもあるので、ハイフの施術は必ず医療機関で受けましょう。

「料金が安いから」などの安全を考慮していない決め方で医師や看護師が在籍していないようなエステサロンを選ぶのはかなり危険です。安全面だけでなく、効果にも差があります。

医師や看護師が在籍していないようなエステサロンで施術しているハイフは、誰が施術しても安全なように、出力の弱い状態で施術をしている可能性が高いです。

効果は薄く、保証制度も整っていないため、施術後に何かあってもしっかりとしたアフターフォローを受けられない場合があります。

安全面や効果を考えると、ハイフは医療機関で受けるようにしましょう。

ハイフ(HIFU)のリフトアップ効果がより得られるおすすめの機種3選

ハイフではさまざまな機種が使用されており、どの機種を使用するかによって得られる効果が異なります。

リフトアップ効果がより得られるおすすめの機種を紹介すると、次のとおりです。

  • ウルセラ
  • ウルトラフォーマーⅢ
  • ウルトラセルQプラス

クリニックによって導入している機種が異なります。

1つずつ特徴を解説するので、クリニックを選ぶ際のポイントとして是非参考にしてください。

唯一FDAの承認を受けている「ウルセラ」

ウルセラは、日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関である「FDA」の認可を唯一受けている、たるみ治療専門の機種です。

ウルセラは、ハイフで使用されている機種の中でも1番早く使用され始めた機種であり、FDAの認可を受けていることから、その安全性や効果が保証されています。

他の機種と比較しても、照射の焦点の正確さや熱量、効果持続性などの点で優れている機種です。

例えば、引き締めに特化しているサーマクールという機種と比較すると、ウルセラは顔のたるみの「引き上げ」に特化しており、高いリフトアップ効果が期待できます。

さらに、ウルセラはより深い皮膚の深層部分に照射できるので、皮膚だけでなく筋膜などの深層部分のたるみも解消可能です。

ハイフで1番長く使用されている機種で、高い安全性と効果を実感したい方はウルセラをおすすめします。

美容大国韓国で圧倒的人気を誇る「ウルトラフォーマーⅢ」

ウルトラフォーマーⅢは、韓国で圧倒的人気を誇る機種です。先ほど紹介したウルセラと比較すると、照射範囲や痛みが改善されています。

ウルトラフォーマーⅢは、広範囲に照射できる独自のメニュー「ハイフシャワー」が特徴的です。ハイフシャワーを施術すると、次の効果が期待できます。

  • 皮膚表面のたるみ・シワの改善
  • 肌質の改善
  • 毛穴の改善
  • 新陳代謝の促進

ハイフシャワーは肌の浅い層のみに照射するので、肌表面のハリ・ツヤ、毛穴改善などの効果が期待できます。

さらに、超音波を照射する際の焦点が小さく密度が高いので、痛みが少なく照射後の副作用などのリスクも小さいです。

もちろん、ウルセラと同じようにターゲット層を決め肌の深層にも照射できるので、痛みが不安な方や独自のメニューであるハイフシャワーを体感したい方は、ウルトラフォーマーⅢを導入しているクリニックなどを探してみてください。

採用しているクリニック多数「ウルトラセルQプラス」

ウルトラセルQプラスは、採用しているクリニックが多数ある機種です。ウルトラセルQプラスには、他の機種と異なる次のような特徴があります。

  • 短い施術時間
  • 2つのモードが利用可能
  • 目元などデリケートな部分も使用可能

他の機種の施術時間の目安が約30分なのに対し、ウルトラセルQプラスは1ショット約1.5秒で顔全体の施術時間が約20分と短い特徴があります。

照射に関しては、施術時間だけでなく2つの照射モードが使えるという特徴もあり、それぞれのモードの特徴を解説すると次のとおりです。

【2つの照射モード】

  • ドットモード:顔全体のたるみやリフトアップ、ほうれい線の改善に効果的
  • リニアファームモード:脂肪細胞を撃退するモード、二重顎やフェイスラインの脂肪除去に効果的

ドットモードとリニアファームモードを組み合わせることで、最適な施術を提供できます。

さらに、目元や小鼻、唇の際などのデリケートな部分にも照射できるので、さまざまな部分の肌トラブルに対応可能です。

ハイフ(HIFU)施術でリフトアップ!おすすめのクリニックランキング

スクロールできます

品川美容外科

エミナルクリニック

TCB東京中央
美容外科
東京美容外科表参道メディカル
ハイフ料金29,800円29,500円24,800円55,000円61,600円
キャンペーン初回100ショット
お試し10,780円
初回100ショット
お試し9,800円
LINE友達登録
最大5万円の施術券
初回限定
55,000円
初回400ショット
61,600円
カウンセリング無料無料無料無料無料
使用機器タイタン
ソノクイーン
ダブロGOLD
UTIMASA ソノクイーンウルトラセルQ+
ソノクイーン
(大阪はなし)
ウルトラセルQ+
保証制度安心価格保証期間延長施術保証
返金制度
術後安心保証
おすすめポイントハイフの種類が豊富
初心者お試し価格
初心者お試し価格モデル価格12,400
割引制度が充実
全顔1回でおよそ400ショットウルトラセルQ +使用
ハイフメニューが豊富

詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。

ここからは、ハイフににおすすめのクリニックを紹介します。ハイフでクリニックを選ぶポイントは以下の3つです。

クリニックの選考基準
  • 施術実績が豊富なこと
  • 最新のハイフマシンを使用していること
  • クーポンやお得なキャンペーンがあること

「医療ハイフに興味があるけれど、クリニック選びに悩んでしまう」という方にむけ、上記のポイントを選考基準にランキングを作成したので、クリニック選びの参考にしてください。

【1位】品川美容外科

出典:品川美容外科
おすすめポイント
  • 合計症例実件数1,000万以上の実績
  • 選べる3種のハイフマシン
  • 業界最速の新世代ハイフ

は、美容医療実績1,000万件を超える大手美容医療クリニックです。

ハイフには、従来のマシンより痛みが少ない「第3世代タイタン」を使用しています。また、院によっては「ダブロ(S+、GOLD)」「ソノクイーン」も使用しており、悩みに合わせて適切な治療方法を選べるのが大きな特徴です。

品川美容外科では、第3世代タイタンが全顔29,800円(税込)から施術できます。ハイフの痛みに不安がある方は、品川美容外科のタイタンからお試ししてみるのがおすすめです。

使用機器・タイタン
・ダブロ(S+,GOLD)
・ソノクイーン
料金【タイタン(全顔660ショット)】
29,800円~
【ダブロ(全顔)】
ダブロ:96,800円~
S+:105,840円~
GOLD:105,840円~
【ソノクイーン(全顔340ショット)】
44,000円~
【目周り】
30,600円~
【オプション(首)】
+15,300円~
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・医療ローン
全国院数全41院
【ダブロが施術可能な院】
品川本院のみ
【ダブロS+が施術可能な院】
渋谷院/銀座院のみ
【ダブロGOLDが施術可能な院】
品川スキンクリニック池袋院/表参道院/梅田院/神戸院/品川美容外科新宿院/心斎橋院
カウンセリング無料
※料金は税込表記です。

【2位】エミナルクリニック

出典:エミナルクリニック
おすすめポイント
  • 医療ハイフが10,000円(税込)以下でお試しできる
  • 新機能のセンターレスハイフが施術できる
  • 不必要なオプションなどの追加料金がない

エミナルクリニックは、10,000円(税込)以下でハイフが試せると話題のクリニックです。

ハイフには「ULTIMASA3」というマシンを使用しています。ULTIMASA3は、エネルギーに焦点を作らず均一に照射できるセンターレス構造となり、少ない照射回数で高い効果が期待できるのが特徴です。

エミナルクリニックには、このULTIMASA3が9,800円(税込)で施術できるお試しメニューがあります。制限はありますが、ハイフの効果は十分に体感できるため、ハイフを試してみたい方はエミナルクリニックに申し込むのがおすすめです。

使用機器UTIMASA3
料金【お試し100ショット(フェイスライン)】
9,800円
【スタンダードコース(全顔+アゴ下)】
29,500円
【プレミアムコース(全顔+顎下+首)】
36500円
支払い方法・現金
・クレジットカード
・メディカルローン
全国院数全28院
カウンセリング無料
※料金は税込表記です。

【3位】TCB東京中央美容外科

出典:TCB東京中央美容外科
おすすめポイント
  • ソノクイーンのハイフが業界最安値クラス
  • キャンペーンや割引が豊富
  • お得な症例モデル制度あり

は、HIFU症例数10万件以上の実績を誇ります。全国に58院を構えているため、ハイフ施術が最も受けやすいクリニックといえるでしょう。

ハイフに使用する「ソノクイーン」は、筋膜層・脂肪層・真皮層の3層へのトリプル照射が可能です。従来のダブル照射型のマシンに比べ、ハイフの効果を実感できる方が多いのが最も大きな特徴です。

また、では、このソノクイーンが業界最安値クラスの24,800円(税込)から施術できます。ハイフを初めて受ける方やなるべく料金を抑えたい方は、まずで無料カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

ハイフ施術の症例写真

使用機器ソノクイーン
料金【スタンダード(全顔90ショット)
24,800円~
【ウルトラプラス(全顔185ショット)
71,100円~
【ウルトラプラスプレミアム(全顔290ショット)】
91,500円~
【目周り】
30,600円~
【オプション(首)】
+15,300円~
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・スマホ決済
・スマホ後払い
・医療ローン
全国院数全77院
カウンセリング無料
※料金は税込表記です。

【4位】東京美容外科

出典:東京美容外科
おすすめポイント
  • お得な初回料金あり
  • 開院19年間で医療事故ゼロの実績
  • 東京以外でもウルトラセルQが施術できる

東京美容外科は、開院19年以来医療事故ゼロの実績を誇ります。無料検診・永久保証と術後のアフターケアが充実しているのが特徴のクリニックです。

東京美容外科では高い技術力が求められ、施術者になるには実績・資格・経験のいずれかが認められる必要があります。もちろんハイフでも高品質な治療を心がけているため、技術力と安全性でトップレベルの施術を受けられます。

また、料金設定は少し高めですが、技術力と安全性を追求する東京美容外科だけに施術者の満足度が非常に高いのも大きな特徴です。美容医療で絶対失敗したくない方は、東京美容外科に施術を任せると安心できるでしょう。

使用機器ウルトラセルQ+
料金【全顔】
55,000円~
【全顔+顎下】
77,000円~
ウルトラセルQプラスリニア
39,800円~
【ウルトラセルQプラス リニア+ドット】
100,000円
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・医療ローン
全国院数全国18院
【ウルトラセルQプラスが可能な院】
青森院/秋田院/仙台院/大宮院/新宿院/赤坂院/横浜院/名古屋院/大阪梅田院/広島福山院/福岡院/沖縄院
ウルトラセルQプラスリニアが可能な院】
大宮院/横浜院/福岡院/福山院/沖縄院
カウンセリング無料
※料金は全て税込表示です。

【5位】表参道メディカルクリニック

出典:表参道メディカルクリニック
おすすめポイント
  • 最大40%還元のプリペイドシステムあり
  • ウルトラセルQを試しやすい初回料金あり
  • 全院が駅近で通いやすい

表参道メディカルクリニックは、有名人が多く通うことで話題のクリニックです。

ハイフに使用する「ウルトラセルQ」は、カートリッジを付け替えることでシャワーHIFU、HIFUリニアとモードが切り替えられ、顔や目元、首など1台で顔全体のメンテナンスを行えるのが特徴です。

表参道メディカルクリニックでは、このウルトラセルQ+が初回35,200円(税込)からお試しできます。また、表参道メディカルクリニックには最大40%還元のプリペイドシステムがあり、定期的に美容医療を行いたい方はお得に通えるクリニックといえます。

使用機器ウルトラセルQ+
料金【HIFU】
両頬:35,200円~
顔のみ:61,600円~
顔+顎下:79,200円~
顔+首:96,800円~
【シャワーHIFU】
35,200円~
【HIFUリニア】
17,600円~
支払い方法・現金一括
・クレジットカード
・プリペイドシステム
全国院数全14院
【ウルトラセルQ+が施術可能な院】
表参道院/銀座院/六本木本院/新宿院/横浜院/大阪院/心斎橋院/福岡天神院
カウンセリング無料
※料金は税込表記です。

カンナム美容外科

出典:カンナム美容外科
おすすめポイント
  • 韓国の最先端美容医療を施術可能
  • 頬、アゴ下をお試しできる特別価格
  • 全身脱毛の契約者限定メニューあり

カンナム美容外科は、全国7店舗に展開するクリニックです。

「整形大国」と呼ばれる韓国の美容医療の技術や最先端のブームを日本人に合う形で提供しているのが大きな特徴といえるでしょう。

ハイフでは、即効性が高く痛みも少ない施術をお試しプランとして15,000円(税込)で体験できます。また、カンナム美容外科のハイフは、顔周りだけでなく背中やお尻などにも施術可能なため、気になる部位の部分痩せにも効果が期待できます。

そのため、顔だけでなく体全体を引き締めたいという方は、カンナム美容クリニックでカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

料金【お試しプラン】
15,000円~
【全顔】
40,000円(初回)
70,000円(通常)
【全顔+首】
50,000円(初回)
90,000円(通常)
【全身脱毛契約者限定プラン】
19,800円(頬のみ)
支払い方法・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・医療ローン
全国院数全国7院
カウンセリング無料
※料金は全て税込表示です。

ハイフ(HIFU)のメリット・特徴

ここではハイフのメリットや特徴をお伝えします。

  • 少ない痛みで施術可能
  • メスを使わずリフトアップ可能
  • 部分的な施術が可能
  • 施術後すぐにメイク可能

痛みが少ない

ハイフは超音波を使った施術ですので、美容整形施術と比べて痛みが少ないといったメリットがあります。

施術中はもちろん、術後の痛みも少ないため、痛みが苦手な方や術後の痛みが心配で一歩踏み出せない方なども気軽に施術できます。

しかし、痛みには個人差があり、人によっては施術中に痛みを感じることはあります。例を挙げると次のとおりです。

  • 骨にズンと響く痛み
  • チクチクする痛み

ハイフでは、皮膚深層から筋膜にかけて照射する超音波が、吸収されずに骨まで届いたときにズンと響くような痛みを感じます

また、骨に超音波があたる以外には、熱による痛みもあります。ハイフは皮下組織に熱を与えさまざまな効果を発揮させる施術ですので、発生した熱により痛みを感じる場合があるのです。

ただし、痛みを感じた場合は、超音波の出力を下げて痛みを軽減させられるため、施術者に相談すれば調整してもらえます。

さらに、「ウルトラセルQプラスは、ウルトラフォーマーⅢよりも痛みが少ない」と言われているように、機種によっても痛みが変わるため、これらの機種を導入しているクリニックを選ぶといいでしょう。

切らずにリフトアップ効果を期待できる

ハイフは超音波を使用するため、メスで皮膚を切らなくてもリフトアップ効果が期待できます。

美容整形手術でリフトアップする際は、耳や首、こめかみ付近をメスで切開する必要があり、施術跡が残ることがデメリットです。

さらに、神経の近くを切開するので、最悪の場合神経を傷つけ、後遺症が残るような事故になる可能性もあります。

ハイフは一時的な効果ではありますが、上記のようなデメリットを回避して安全にリフトアップできるのは大きなメリットでしょう。

ミニカートリッジ使用で気になるパーツのみの施術も可能

ハイフは、ミニカートリッジを使用することで、気になるパーツのみの施術も可能です。

  • 目元
  • 眉下
  • 口元
  • まぶた
  • 小鼻

カートリッジを変更すると、目元や小鼻などの細かいパーツやカーブしているパーツも施術できます。美容整形手術でも部分的に施術できますが、メスを使用するとなると跡が気になります。

「顔全体のリフトアップいうよりは部分的に施術してもらいたい」このような悩みがある方は、ハイフで悩みのある部分だけ施術しましょう。

施術終了1時間後にはメイクアップできる

ハイフは、施術終了1時間後にはメイクアップが可能です。

例えば、日中お仕事をしている方や長期間休みをとって美容整形手術を受けられないような方でも、ハイフであれば施術当日からメイク可能なため、日常生活へ支障がでません。

「リフトアップしたいけど日常生活に支障が出るから美容整形手術はできない」このように諦めていた方には、ハイフが最適でしょう。

ハイフ(HIFU)のデメリット

ここまで、ハイフのメリットをいくつも紹介してきましたが、デメリットも存在します。

主なデメリットは次の3つです。

  • 副作用やダウンタイムが続く可能性
  • 施術中に火傷の可能性
  • 神経損傷の可能性

ハイフ施術を受ける際は、メリットだけでなくデメリットも把握してから施術するか決めましょう。

副作用やダウンタイムが一週間ほど続く

そもそもハイフは、重大な副作用やダウンタイムが起こる可能性の低い施術と言われていますが、可能性がゼロではないと認識しておいてください。

ハイフによる副作用やダウンタイムをまとめると、次のとおりです。

副作用内容対処法
赤み・腫れ・むくみメイクでカバーできるくらいの赤みや腫れ、ほてりが生じる時間の経過と共に落ち着く
水ぶくれ骨に近い部分に消した場合に発生した熱の影響で水膨れができる時間の経過と共に落ち着く
乾燥施術で発生する熱によって肌が乾燥する施術後は肌を入念に保湿する
紫外線の影響を受けやすい肌がデリケートな状態なため紫外線の影響を受けやすい紫外線を受けやすい場所では日焼け止めなどのUVケアをする
痩せすぎるハイフリニアなどの脂肪を撃退するハイフを受けすぎると痩せこけて見えるすでに痩せている方などは経過を見ながら医師と相談し施術の頻度を決める

副作用の内容だけでなく対処法も確認し、万が一副作用が現れても対処できるようにしておきましょう。

しかし、上記とおり、美容整形手術のように術後大きく顔が腫れてしまうような副作用やダウンタイムはほぼありません。軽い腫れや赤みが出ても、通常約1週間で自然と解消される程度です。

とはいえ、副作用やダウンタイムには個人差があり、次の内容によっては副作用がさらに続く場合があります。

  • 元の肌の状態
  • 体質
  • 照射箇所
  • 照射時の出力の強さ

施術する前に、自分の肌の状態や照射箇所を考慮して、どのような副作用の可能性があるのか、もし副作用が現れたらどのくらいの期間続くのか、などを確認しておくと不安も解消できるでしょう。

施術中火傷を起こす可能性がある

ハイフは超音波によって熱を発生させる施術ですので、まれに火傷を起こす可能性があります。

火傷の原因は、ハンドピースが照射時に浮いてしまうことです。ハンドピースとは、超音波を照射する際に肌に密着させる部分の呼び名です。

ハンドピースで照射している間は常に肌へ密着させる必要がありますが、医師の技術不足などが原因で、浮いた状態で照射し火傷を起こす可能性があります

また上記とは違う意見で、骨に当たった超音波が反射してマイクロバブルが発生し、液体の中に気泡が発生することが火傷につながるという意見もあり、こちらが原因の場合火傷は避けられません。

超音波が反射しないような角度で照射できる医師であれば火傷は防げるので、技術力のあるクリニックで施術してもらいましょう。

医師の技術があるか確認する方法は少ないのですが、料金で決めるのではなく、口コミや実績を確認して決めることで、最適なクリニックを見つけやすくなります。

過去には神経を損傷してしまったケースもある

過去には、ハイフの照射箇所を誤り神経を損傷したケースがあります。

稀なケースではありますが、医師の技術不足や知識不足が原因で神経を損傷してしまう危険性もあるようです。

国民生活センターは、エステサロンなどでハイフの施術を受けた方が頻繁に被害に遭っている現状を受け、医師以外の方が施術するハイフに対して注意するよう呼びかけています。

もともとハイフは医療行為ですので、配布の施術を医師や看護師以外の方が行うと医師法に触れる恐れがあるものの、実際は医師や看護師ではない方も施術しているのが現状です。

神経が損傷してしまうと場合によっては一生回復しない場合もあるため、自分の身を守るためにも施術を受ける予定のクリニックのホームページを確認するなどして、慎重に施術先を選びましょう。

ハイフ(HIFU)に関するよくある質問

ここでは、ハイフに関するよくある質問をいくつか紹介します。まだハイフに対しての疑問がある方は、解決できる内容があるか確認してみてください。

ハイフ(HIFU)治療は継続しないといけませんか?

ハイフは美容整形手術と違い、永遠に効果が続くわけではありません。

記事内でもお伝えしたとおり、半年〜1年で効果がなくなるので、継続して効果を得たい方は定期的に施術を受ける必要があります。

施術して3ヶ月〜1年で次の施術を受けるようにすると、コラーゲンが再構築され効果がより得られやすくなるので、ハイフの効果を最大限得たい方は定期的に施術するのがおすすめです。

ハイフ(HIFU)と高周波「サーマクール」の違いとは?

ハイフに似た機械でサーマクールという機械があり、どちらの施術もリフトアップの効果が期待されます。

では、ハイフとサーマクールにどんな違いがあるのでしょうか。主な違いをまとめると次のとおりです。

項目ハイフ(ウルセラ)サーマクール
周波数の種類高密度焦点式超音波高周波(RF)
施術できる皮膚の深さ浅層繊維とSMAS筋(表情筋)真皮深層と皮下脂肪浅層
照射範囲狭い(部分的)広い
効果引き上げ引き締め
期待できる悩みリフトアップ・ほうれい線・シワ・たるみ・毛穴など二重あご・小顔・ハリ・毛穴・たるみなど・脂肪
痛み多少あり少ない
ダウンタイム軽い赤みや腫れほとんどなし

効果の持続時間や料金に関しては大きな差がありません。異なる点は効果の部分です。

ハイフは、筋膜にアプローチして引き上げることで、シワ改善などの効果が期待できる施術です。一方、サーマクールは脂肪にアプローチして引き締めることで、二重あごの解消などの効果が期待できる施術という違いがあります。

ハイフは強力な引き上げ効果があり、サーマクールは引き上げ効果というよりもたるみを引き締める効果があると理解しておきましょう。

さらに大きく異なる点が、照射可能範囲です。ハイフよりもサーマクールの方が広範囲に照射できます。

理由としては、サーマクールの超音波が作用する皮膚の深さが関係しており、ハイフより浅い部分に作用するため、顔のどの部分に照射しても問題なく施術できるからです。

このように、ハイフとサーマクールにはさまざまな違いがあり、施術したい箇所や期待している効果によって選ぶ必要があります。

大事な予定の何日前にハイフ(HIFU)施術を受けるのがベスト?

「ハイフの効果はいつまで続くの?」でお伝えした通り、新しくコラーゲンなどの成分が生成され、ハイフの効果が最大限発揮されるまでかかる期間は、施術から1〜3ヶ月後です。

結婚式や同窓会など、多くの人と顔を合わせるような大事な予定がある方は、予定の1ヶ月ほど前に施術を受け、最大限効果を発揮している状態で迎えましょう。

まとめ

今回は、ハイフの効果について紹介してきました。

  • シワ・たるみ・ほうれい線・二重アゴなどの改善
  • 肌質・弾力の改善

ハイフはシワやたるみの改善効果だけでなく、肌質や弾力の改善も期待できます。

さらに、メリットやデメリットをまとめると、次のとおりです。

<メリット>

  • 少ない痛みで施術可能
  • メスを使わずリフトアップ可能
  • 部分的な施術が可能
  • 施術後すぐにメイク可能

<デメリット>

  • 副作用やダウンタイムが続く可能性
  • 施術中に火傷の可能性
  • 神経損傷の可能性

リフトアップを美容整形手術で実現するとなると、術後のダウンタイムや痛みなどの不安で施術をためらう方が多いですよね。

その点ハイフは、メスを使わずに施術ができたり痛みが少なかったりと、美容整形手術のデメリットを克服しています。

今まで美容整形手術を諦めていた方や、もっと手軽にリフトアップしたい方などに最適な施術です。

しかし、副作用や施術中の事故などのデメリットも存在するため、メリット・デメリットを把握して施術を受けるか検討してください。

※本記事の情報は2022年7月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

目次