MENU

目の下のたるみを取る方法は?即効性が期待できる方法やたるみの原因改善ケア方法も紹介!

年齢を重ねるとともに気になってくる目の下のたるみ。たるみが酷いと実年齢よりも老けて見え、疲れているような印象を与えてしまいます。

目の下のたるみができる原因は様々ですが、加齢による筋力の低下が最も大きな要因とされています。たるみが自然に解消することはないため、何かしらの対処法を取らなければいけません。

今回の記事では、目の下にたるみができる原因や、即効性が期待できる解消方法について解説します。また、たるみを予防する方法についても合わせて紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

目の下のたるみ治療おすすめクリニック

スクロールできます

品川美容外科

ガーデンクリニック

TCB東京中央美容外科

TAクリニック

聖心美容クリニック
切らない
目の下の
たるみ取り
98,000円
プレミアム
目の下のたるみ取り
330,000円
下瞼脱脂法
月額7,100円
83,600円
経結膜脱脂法
198,000円
下瞼脱脂法
330,000円
経結膜脱脂法
切開
目の下の
たるみ取り

83,600円
下眼瞼除皺術
328,900円
下眼瞼切開術
まぶたの
たるみ取り
98,000円
プレミアム
目の上のたるみ取り
440,000円
まぶたの
たるみ取り
83,600円〜
上眼瞼除皺術
385,000円
上眼瞼除皺術
330,000円
重瞼線部分開法
キャンペーン・モニター価格あり
・会員価格あり
・LINE友達で割引
・モニター価格あり
・LINEクーポン配布
・ダイヤモンド会員
・LNEクーポン配布
・期間限定クーポン
・LINE友達で割引
・今月のおすすめ施術
・モニター募集あり
全国院数40院8院77院8院10院
カウンセリングありありありありあり
おすすめポイント会員価格がお得
アフターケアが充実
保証制度が充実
追加料金なし
クーポン・割引が豊富
通いやすい全国展開院
最安9,000円で施術可能
常勤医師がいる安全性

無料オンライン診察
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。
目次

目の下のたるみの原因

たるみは、本来締まっていた肌の弾力が低下し、皮膚が垂れ下がっている状態のことです。一般的に、顔の中では目元や頬がたるみやすいとされています。特に目元は顔の中でも乾燥しやすい部位であるため、加齢とともにたるみが目立ってくる方は多いです。

年齢を重ねると顔全体の筋力が衰えるため、たるみが生じやすくなります。30代から徐々にたるみ始め、40代でかなり目立つようになってきたという方は多いのではないでしょうか?

しかし、20〜30代でもたるみが気になるという方は一定数います。この場合は、加齢以外の要因でたるみが生じている可能性が高いです。

ここでは、目の下にたるみが生じる主な6つの原因を詳しく解説します。

眼輪筋が衰え脂肪がたるむ

1つ目の原因は、眼輪筋の衰えによる脂肪のたるみです。眼輪筋とは、その名のとおり目の周りにあり、目の開閉をする際に使用する筋肉のことです。眼輪筋が衰えると目の周りの脂肪を支える力が弱くなり、たるみやシワを引き起こします。

通常、眼輪筋は年齢とともに徐々に衰えていきます。しかし、近年はパソコンやスマートフォンなどの発達により、若いうちから眼輪筋の衰えが見られる方が増えているようです。

パソコンやスマートフォンを長時間見ているとまばたきの回数が少なくなり、眼輪筋の衰えが早くなります。また、ブルーライトは目に疲労を与え、血流を悪くします。その結果、目元に栄養が行き渡らず眼輪筋が弱くなってしまいます。

眼輪筋は一度衰えると元の状態に戻すことは難しいため、予防して衰えないようにすることが大切です。

ハリの低下

2つ目の原因は、肌のハリ・弾力が低下したことによる皮膚のたるみです。肌のハリや弾力を支えているのは、皮膚の真皮層にある「コラーゲン」という物質です。コラーゲンは体内で作り出されるものですが、加齢によって分泌量は徐々に減少していきます。

コラーゲンが減少すると肌のハリ・弾力が徐々に失われ、やがてたるみを引き起こします。また、年齢を重ねるほどコラーゲンの質が低下し、若々しい弾力をキープするのが難しくなります。

コラーゲンが減少する主な原因は加齢ですが、肌の乾燥や紫外線の蓄積によってもコラーゲンの分泌量は減少します。また、食生活の乱れやストレス、疲労、睡眠不足などでコラーゲンの質が悪くなることも。

30代前半頃まではコラーゲンの分泌量が急激に減ることはありませんが、保湿や日焼け止めなど肌のお手入れを怠ると、35歳を過ぎた当たりで一気にコラーゲンが失われてしまいます。コラーゲンが減少すると肌のハリが低下し、目の下のたるみにつながります。

シワでたるむ

3つ目の原因は、目元にシワができたことによって引き起こされる皮膚のたるみです。目の下はシワができやすい部位であり、たるみよりも先にシワができるケースが多いです。シワが酷くなると目の下が窪んだようになり、たるみが生じます。

目の下にシワができる原因は様々ですが、主に眼精疲労や乾燥、紫外線、摩擦などが挙げられます。

眼精疲労は、パソコンやスマートフォンの使いすぎによる目の疲れです。デスクワークなどで長時間ブルーライトを浴びている方は、目元の血流が悪くなりシワができやすくなります。

目元は乾燥を招きやすいため、きちんと保湿ケアをしなければ「ちりめんジワ」と呼ばれる細かなシワができてしまいます。紫外線は乾燥の原因となるため、日焼け止めなどの予防も必須です。

また、目元の刺激・摩擦にも要注意です。目元は皮膚が薄いため、外からの刺激をダイレクトに受けてしまいます。メイクやクレンジングの際に目元を強くこすったり、かゆみで目をこする癖がある方は要注意です。

クマでたるむ

4つ目の原因は、目の下のクマによるものです。ただし目のクマにはいくつかの種類があり、すべてがたるみの原因となるわけではありません。

たるみの原因となるクマは「黒クマ」と呼ばれる種類のものです。黒クマは、眼窩脂肪(がんかしぼう)のふくらみによって生じます。眼窩脂肪は目の周りにある脂肪のことです。

加齢で眼輪筋が衰えると脂肪を支える力がなくなり、眼窩脂肪が前に押し出されてしまいます。その結果、目の下に段差が生じ、影がクマのように見えてしまいます。目の下にふくらみと影がある場合は、黒クマによってたるみが生じている可能性が高いです。

黒クマは影であるため、ファンデーションやコンシーラーなどで綺麗に隠すことができません。また、他のクマと比べて解消する方法も少ないため、厄介な存在です。

涙袋が大きい人はたるみやすい

5つ目の原因は、涙袋が大きいことによって生じるたるみです。涙袋は、目のすぐ下にある小さなふくらみのことです。涙袋は若い女性から人気が高く、美容整形やメイクで形成している方も多いですが、元から涙袋が大きい方は注意が必要です。

涙袋の大きさは人によって異なりますが、先天的に涙袋が大きい方は、目の下がたるみやすいとされています。というのも、涙袋は加齢とともに失われていき、ふくらみがなくなった分の皮膚が余り、たるみになってしまうからです。

また、涙袋が消えるより先にたるみが生じた場合も注意が必要です。たるみが強くなると皮膚が下に引っ張られ、涙袋のハリが失われます。徐々に涙袋は薄くなっていき、やがて完全に消えてしまいます。

涙袋が消えた分の皮膚はそのままたるみに繋がるため、普通よりもたるみが肥大化してしまうことも。そのため、涙袋がもともと大きい方は目のたるみ予防を入念に行う必要があります。

痩せている方は上まぶたが窪みたるみやすい

6つ目の原因は、顔の脂肪が少なく痩せていることが原因で生じるたるみです。痩せている方は目元の脂肪も少ないことが多く、上まぶたに窪みが出やすくなります。

目の上の窪みは目元全体にたるんだ印象を与え、年齢を重ねたときに実際たるみやすくなります。眉と上まぶたの間に明らかな凹みがある方は、上まぶたが窪んでいる可能性が高いです。

先天的な目のくぼみは自力で解決するのが難しく、基本的には美容整形や手術が必要になります。若い間は上まぶたの窪みでたるみが出ることはほぼありませんが、加齢で今以上に窪まないようにケアを欠かさないようにしましょう。

なお、上まぶたの窪みは加齢によっても生じます。加齢による上まぶたの窪みはある程度予防することができるため、後ほど紹介する予防方法を参考にしてください。

すぐできる!目の下のたるみ・むくみを取るマッサージ方法

目の下のたるみが軽度の場合は、マッサージで解消することができます。というのも、目の下のたるみは、目元のむくみが原因となっているケースがあるからです。むくみは一時的な症状であるため、マッサージで綺麗に治せます。

しかし、目元は刺激に弱い部位であるため、正しい方法でマッサージをしなければ逆効果になってしまいます。目元をマッサージするときは、細心の注意を払いましょう。

ここでは、目の下のたるみ・むくみを解消するときのマッサージ方法を紹介します。

まずは目を温めてからクリームを塗る

マッサージを始める前の下準備として、まず目を温めてください。目を温めておくことで筋肉がほぐれて血流が巡り、目元への負担を抑えることができます。また、血行が良くなった状態でマッサージをすれば、通常よりも高い効果を得られます。

目を温めるときは、ホットタオルやホットアイマスクを使用しましょう。タオルを使用する場合、水で濡らしたタオルを600Wの電子レンジで40秒ほど加熱してください。目の上に優しくタオルを乗せ、約1〜2分温めます。

目元が温められたら、アイクリームを目の周りに塗ってください。アイクリームを塗布することで、マッサージの際に生じる摩擦や刺激を軽減することができます。

下準備が終わったら、実際にマッサージを始めましょう。

老廃物を流すマッサージ

目の下にたるみができる原因の1つに老廃物の蓄積があります。目元は老廃物が溜まりやすく、放っておくと眼精疲労や眼輪筋の衰弱を引き起こし、結果的にたるみが生じてしまいます。

老廃物を流すためには、リンパの詰まりを解消して流れを良くすることが大切です。老廃物を流すマッサージの手順は次のとおりです。

  1. 両手でチョキの形を作り、人差し指で耳を挟み込む
  2. 耳を挟んだまま、円を描くように20回ほどマッサージ
  3. 耳に下から鎖骨に向けて手の平を滑らせ、老廃物を流す
  4. 3を左右で3回ほど繰り返す
  5. 4本の指で鎖骨を3回ほどマッサージ
  6. 人差し指で目の下のツボをゆっくり押す
  7. 人差し指と親指でつまむようにしながら眉と上まぶたのツボをゆっくり押す

ポイントは、目元のマッサージを行う前にリンパの詰まりを解消し、老廃物を流すことです。リンパは耳や顎下、鎖骨にあるため、耳から鎖骨にかけてマッサージすることでリンパの流れが良くなります。

目元のマッサージをするときは、ツボを1つずつ優しく押してください。強く押すと痛みが出ることがあるため、気持ちいいくらいの強さに留めましょう。

たるみに効くツボ

もっとお手軽にマッサージがしたい方は、目の下のたるみに効果的なツボを押すのがおすすめです。目の下のたるみに効くツボは次の5つです。

  • 睛明(せいめい):目頭のすぐ横にあるツボ
  • 承泣(しょうきゅう):瞳のすぐ下にあるツボ
  • 球後(きゅうご):目尻の下にある骨の間にあるツボ
  • 瞳子髎(どうしりょう):目尻のすぐ下にあるツボ
  • 太陽(たいよう):目尻と眉尻の中央から後ろにあるツボ

これらのツボは、目頭から目尻の後ろを囲うように点在しています。目頭から順番に指のお腹でゆっくりマッサージをしていけば、目の下のたるみが徐々に解消されます。

すべてのツボを押しても約1分で完了するため、お手軽なマッサージを求めている方には特におすすめです。お風呂に入りながら、テレビを見ながらなど、隙間時間にも気軽にマッサージできます。

目の下のたるみを取る化粧

目の下のたるみは、マッサージを始めてもすぐに解消されるわけではありません。長期的にケアを行うことで少しずつ効果を実感できるようになります。

とはいえ、鏡を見るたびに目の下のたるみが気になると憂鬱な気持ちになってしまいます。外出の際は、なおさら目の下のたるみが気になってしまうのではないでしょうか。

目の下のたるみを解消するには時間が掛かりますが、メイクである程度隠すことができます。ここでは、目の下のたるみを上手く隠すメイクの方法を紹介します。

トーンアップの下地を使用する

まず、ベースメイクの最初に使用する化粧下地は、トーンアップ系のものを選びましょう。トーンアップ下地には、肌のくすみを明るく見せる効果があるため、たるみ隠しにも効果的です。

他にもトーンアップ下地には次のような効果があります。

  • 暗い肌をワントーン明るくする
  • 肌の色ムラをカバーできる
  • 肌の透明感やハリを演出できる

下地には複数のコントロールカラーがありますが、トーンアップを重視する場合はパープルやブルー、ホワイトなどが良いでしょう。血色感が欲しい方にはピンク系のコントロールカラーもおすすめです。

なお、トーンアップ下地はカバー力が低いものが多いです。そのため、トーンアップ下地を使用する際は、カバー力の高いファンデーションを用意してください。

コンシーラーを使用する

化粧下地が塗り終わったら、次にコンシーラーを目の下のたるみ部分に塗っていきます。コンシーラーには主に次の種類があります。

  • スティックタイプ
  • リキッドタイプ
  • パウダータイプ
  • ペンシルタイプ

目の下のたるみを隠すときにおすすめなのは、リキッドタイプとペンシルタイプのコンシーラーです。

リキッドタイプのコンシーラーはカバー力が高く、たるみ隠しに最適です。ペンシルタイプはピンポイントで気になる箇所をカバーできるため、たるみの影などを隠したいときに向いています。

コンシーラーを使用するときは、目の下全体にコンシーラーを乗せて優しく馴染ませましょう。指で馴染ませると自然な仕上がりになります。

UVケアをする

目の下のたるみを悪化させないために重要なのが、UVケアです。日焼け止めを塗るときは、目の下も忘れないようにしてください。

ただし、目の周りは他の部位と比べてデリケートです。そのため、顔に使用可能な日焼け止めや、低刺激な日焼け止めを使用しましょう。体用の日焼け止めの方が効果は高いですが、目元には刺激が強く、ダメージを受けてしまう恐れがあります。

目元に日焼け止めを塗るときは、目に入らないよう注意しながら指で優しく塗り込んでください。メイクをする順番としては、日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーの順になります。

また、外出の際はサングラスや日傘を使用し、なるべく目元に紫外線が当たらないようにしましょう。紫外線をしっかり防止しておけば、たるみの進行を抑えられます。

即効く!目の下のたるみを取る美容外科クリニックの施術方法

目の下のたるみをすぐに取りたい方は、即効性のある美容外科クリニックでの施術がおすすめです。美容外科クリニックで施術をすれば、即日でたるみを解消することができます。

たるみ取りにおすすめの施術は次の3つです。

  • HIFU(ハイフ)
  • 経結膜脱脂法
  • ヒアルロン酸注入

各施術の内容や費用について詳しく解説します。

HIFU(ハイフ)

HIFUは、たるみ取りに特化した超音波施術です。高密度の超音波を部分的に照射することによって肌を引き締め、たるみを改善します。ハイフは真皮層よりもさらに奥のSMAS筋膜に働きかけるため、持ちがよく綺麗に肌が引き締まることが特徴です。

目の周囲にHIFUを照射する場合、費用相場は約30,000〜50,000円となっています。目元の場合は照射できる機器が限られるため、他の部位に比べて金額はやや高めです。

HIFUの持続期間は、1回の施術につき半年〜1年ほどです。効果を常にキープしたいのであれば、半年に1回程度の施術が推奨されています。

HIFUはダウンタイムがほとんどなく、赤みやむくみが少し出る程度です。また、施術中の痛みもほぼありません。痛みやリスクの少ない施術を求めている方におすすめです。

経結膜脱脂法

経結膜脱脂法は、外科手術によって眼窩脂肪を取り除き、たるみを改善する施術です。目の下を切開して脂肪を取り出すため、根本的なたるみ改善が可能となっています。

経結膜脱脂法の施術の流れは次のとおりです。

  1. 目元に麻酔をかける
  2. 目の下の結膜を小さく切開する
  3. バランスを見ながら眼窩脂肪を切除する
  4. 止血をして施術完了

目の下の切開は、眼窩脂肪を取り除くために最低限の大きさに留めます。そのため、基本的に縫合は必要なく、通院も必要ありません。

経結膜脱脂法の費用相場は、約20〜40万円となっています。施術を一度受ければ半永久的に効果が持続するため、長い目で見ると他の施術より安く済むかもしれません。

目の下のふくらみによるたるみが気になる方や、根本的にたるみを改善したい方におすすめです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、薬剤を目の下に注入することでハリを持たせ、たるみを改善する施術です。黒クマなどで目の下が窪んでいたり、軽度なふくらみが生じ始めたりしている場合に効果的な治療法です。

目の下にヒアルロン酸注入をする場合、費用相場は約20,000〜70,000円程度となっています。薬剤の種類や注入量によって費用が大幅に異なるため、カウンセリングの際に見積もりを出してもらいましょう。

ヒアルロン酸注入の持続期間は、半年〜1年ほどです。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくため、効果が切れてきたと感じたら新たに注入しましょう。

目の下のたるみが軽度な方や、黒クマによるたるみに悩まされている方におすすめです。

目の下のたるみ取りにおすすめのクリニック3選

スクロールできます

品川美容外科

ガーデンクリニック

TCB東京中央美容外科

TAクリニック

聖心美容クリニック
切らない
目の下の
たるみ取り
98,000円
プレミアム
目の下のたるみ取り
330,000円
下瞼脱脂法
月額7,100円
83,600円
経結膜脱脂法
198,000円
下瞼脱脂法
330,000円
経結膜脱脂法
切開
目の下の
たるみ取り

83,600円
下眼瞼除皺術
328,900円
下眼瞼切開術
まぶたの
たるみ取り
98,000円
プレミアム
目の上のたるみ取り
440,000円
まぶたの
たるみ取り
83,600円〜
上眼瞼除皺術
385,000円
上眼瞼除皺術
330,000円
重瞼線部分開法
キャンペーン・モニター価格あり
・会員価格あり
・LINE友達で割引
・モニター価格あり
・LINEクーポン配布
・ダイヤモンド会員
・LNEクーポン配布
・期間限定クーポン
・LINE友達で割引
・今月のおすすめ施術
・モニター募集あり
全国院数40院8院77院8院10院
カウンセリングありありありありあり
おすすめポイント会員価格がお得
アフターケアが充実
保証制度が充実
追加料金なし
クーポン・割引が豊富
通いやすい全国展開院
最安9,000円で施術可能
常勤医師がいる安全性

無料オンライン診察
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※料金は税込表記です。

ここからは、目の下のたるみ取りにおすすめのクリニックを3つ紹介します。

どこの院も、目の下のたるみ取りに豊富な知識と施術方法を持つクリニックです。安全に確実にたるみを改善したい方は、まずこれから紹介する3クリニックを参考にしてみてください。

品川美容外科

出典:品川美容外科
おすすめポイント
  • 片側のみの施術も可能
  • BMC会員で全メニュー30%割引
  • 各メニューにワンランク上の施術あり

品川美容外科は、創立から30年以上の歴史と実績があり、39院展開しています。症例数は1300万件以上(2022年6月時点当院統計による)で、国内最大級の症例数です。カウンセリングを最重視しており、患者様の希望を細かくヒアリングします。さらにBMC会員になると、対象メニューを全て20%OFFで施術を受けることが可能です。

品川美容外科の目元のふくらみ取りは、片目からの施術OKです。さらにクマや小じわ、たるみも共に改善する「目の下のたるみ取りプレミアム」というメニューもあります。目元の悩みが多い方はぜひ合わせてチェックしてみてください。

クリニック名品川美容外科
料金【目の下のふくらみ取り】
46,200円~(片目)
88,000円~(両目)
【目の上のたるみ取り】
63,990円~(片目)
98,000円~(両目)
【目の下のたるみ取り】
64,990円~(片目)
98,000円~(両目)
【ヒアルロン酸注射】

38,880円~
【眉下リフト】
297,990円~
全国院数全国39院
支払い方法・現金
・デビットカード
・クレジットカード
・メディカルローン
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

ガーデンクリニック

出典:ガーデンクリニック
おすすめポイント
  • 症例モニターメニューが豊富
  • 料金表示が明確で追加料金一切なし
  • 様々な角度で目元の悩みにアプローチ可能

ガーデンクリニックは、開院20年以来、オーダーメイドの美容医療を提供しています。さらに年中無休で相談受付をしているのも特徴のひとつです。いつどんな時でも電話やメールでの問い合わせに対応します。

美容皮膚科、美容整形・美容外科があり、目元の施術メニューは様々な種類を取り揃えています。また、モニター価格の用意もあるため、少しでも安く施術を受けたい方にはモニターでの施術もおすすめです。

クリニック名ガーデンクリニック
料金ヒアルロン酸注入】
132,000円
ニュープレミアムオートファイバー

440,000円
マイクロCRF

165,000円
PRP法

330,000円
4Dアイリフト

165,000円
スマイルリフトアイ

88,000円
レーザーフェイシャル

33,000円
ピコレーザー

11,000円
【イオン導入】

33,000円
【下瞼脱脂法】
330,000円
全国院数全国8院
支払い方法・現金
・クレジットカード
・医療分割
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

TCB東京中央美容外科

出典:TCB東京中央美容外科
おすすめポイント
  • クマ取りの選択肢が豊富
  • メスを入れずにクマを治せる
  • 最安9,800円(税込)でたるみ改善を目指せる

TCB東京美容外科は、高品質な治療を地域最安レベルの低価格で提供しており、全国に77院も展開しています。さらにプチ整形メニューを多く取り揃えているのが特徴です。治療にトラブルが発生した際は、全て無料にて修正・回復・アフターケアを行います。施術の保証や返金制度などをしっかりと整えています。

TCBの目元の施術メニューには、切らない目のたるみ取りがあるのがうれしいポイント。ヒアルロン酸注射は19,800円~とメニューによって値段も様々なため、自身の予算から施術メニューを選びやすいです。

LINEにて、クーポンを配布しています。来院の際は事前にチェックしてみてください。

目の下のたるみ症例写真

クリニック名TCB東京中央美容外科
料金【クマ取り再生注射】
9,800円~
【切らない目の下のクマ取り】

83,600円~
【ヒアルロン酸注射】

19,200円~
【スネコス注射】

69,800円~
【グロースファクター】

38,800円~
【下眼瞼除皺術】

83,600円~
【上眼瞼除皺術】

83,600円~
【眉下リフト】

83,600円~
【ベビーコラーゲン】

84,900円
全国院数全国77院
支払い方法・現金
・デビットカード
・クレジットカード
・医療ローン
・スマホ決済
無料カウンセリングあり
※料金は全て税込表示です。

目の下のたるみを予防する方法

目の下のたるみは、一度できてしまうと改善するのが難しく、自力で解消するには長い時間が掛かります。そのため、たるみができないように予防しておくことが大切です。

ここでは、目の下のたるみ予防に効果的な4つの方法を紹介します。

美容液やアイクリームで保湿する

目の下のたるみは、乾燥によって引き起こされることがあります。そのため、たるみ予防には目元の保湿ケアが欠かせません。

目元の保湿におすすめのスキンケア用品は、美容液とアイクリームです。美容液はハリや弾力をキープするためのスキンケア用品となっており、目元のケアにも向いています。集中的なケアをしたいときは、目元専用の美容液を使用してください。

アイクリームは、その名のとおり目元のケアに特化した保湿クリームです。朝と夜のスキンケア後に使用すると高い効果を得られるため、毎日のスキンケアに取り入れましょう。

美容液やアイクリームで目元をしっかり保湿すれば乾燥を防ぐことができ、たるみが生じにくくなります。

目元用クレンジングで目の刺激をなくす

目の下のたるみを予防するためには、クレンジングにも気を使用するのがベストです。アイメイクを落とすときは、目元専用のアイメイクリムーバーを使用してください。

アイメイクリムーバーは、アイライナーやマスカラ、アイシャドウを落とすことに特化したクレンジングオイルです。コットンに適量を付け、目元に馴染ませるだけでアイメイクをOFFできます。

アイライナーやマスカラは通常のクレンジングでは落としにくいため、つい強くこすってしまうことがあります。しかし、アイメイクリムーバーを使用すれば簡単にアイメイクを落とせるため、目元の刺激を最小限に抑えられます。

目元への強い刺激は、たるみを作る原因の1つです。なるべく摩擦や刺激を与えないように気を付けましょう。

眼輪筋のマッサージ

眼輪筋は、加齢によって少しずつ衰えていきます。眼輪筋が衰えると目元の脂肪を支えきれなくなり、やがてたるみが生じます。

健康な眼輪筋を維持するためには、目元の緊張をほぐすマッサージでケアをしてあげましょう。眼輪筋のマッサージ手順は次のとおりです。

  1. 中指と薬指の腹を眉頭に添え、左右に滑らせながら引き上げる
  2. 左右の眉で交互に4回ほどマッサージを繰り返す
  3. 手の平全体を頬に添え、外側に向かって2回ほど引き上げる

眼輪筋の緊張状態をほぐすと血行が良くなり、目元の状態が健康的になります。また、普段から眼輪筋をほぐしておけば将来のたるみを予防できます。

こちらのマッサージは、ベッドやソファなどで横になった状態で気軽にできるため、ぜひ実践してください。

眼輪筋のトレーニング

眼輪筋のマッサージは目元の緊張状態をほぐすことを目的としていますが、トレーニングは目の筋力を鍛えることを目的としています。

眼輪筋を鍛えておけばたるみが生じにくくなり、また、肌のハリや弾力もキープできます。眼輪筋のトレーニング手順は次のとおりです。

  1. 指の腹で眉下を押さえて上まぶたを引き上げる
  2. そのままの状態でまばたきを10回ほど繰り返す
  3. 両手の指でチョキの形を作り、目頭と目尻に指の腹を添える
  4. 指を左右に動かして眼輪筋を刺激する
  5. 人差し指と中指の腹を目尻に添える
  6. 目尻を優しく押しながらまばたきを10回ほど繰り返す

上記の手順でトレーニングを行えば、眼輪筋をほど良く刺激しながら鍛えることができます。なお、トレーニングの際は目元を強く押さえすぎないように注意してください。

まとめ

目の下にたるみができる原因や、たるみを取る方法を紹介しました。

目の下にたるみができる主な原因は、加齢による眼輪筋の衰えです。眼輪筋が衰えると目元の脂肪を支えきれなくなり、皮膚が余った分だけたるみが生まれます。また、ハリの低下やクマ、シワなどもたるみの原因です。

たるみはマッサージやトレーニング、保湿ケアなどで予防・改善することができます。すぐにでもたるみを取りたい場合は、即効性のある美容外科施術を受けましょう。

今回紹介した施術方法は、どれも即効性が高く安全に治療を受けられます。ぜひ目の下のたるみを取って綺麗な目元を取り戻してください。

※本記事の情報は2022年7月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

目次